FC2ブログ

東国の古代史

Top Page » Next
2020-06-01 (Mon)

Windows半期に一度の大型アップデート

Windows半期に一度の大型アップデート

5月28日より配信されてるWindowsの大型アップデート『Windows 10 May 2020 Update(2004)』ですが、既にインストールされて運用してる人もいると思います。ネットに公開されてる情報を探ると、ドライバー絡みのトラブルが多いようです。しかし、今夜、インストールしてみたところ、私の環境ではドライバー要因とは思えない動作異常があります。使用しているセキュリティソフトとの相性にも問題がある。ネットワークが絡む性能も以...

… 続きを読む

5月28日より配信されてるWindowsの大型アップデートWindows 10 May 2020 Update(2004)』ですが、既にインストールされて運用してる人もいると思います。ネットに公開されてる情報を探ると、ドライバー絡みのトラブルが多いようです。しかし、今夜、インストールしてみたところ、私の環境ではドライバー要因とは思えない動作異常があります。使用しているセキュリティソフトとの相性にも問題がある。ネットワークが絡む性能も以前のビルドのほうがやや早い。根本原因が良く分かりません。
仕方なくビルドを、昨年11月に配信された「Windows 10 November 2019 Update」に戻しました。このOSは自動更新が基本なので再配信されますが、しばらくは手動でブロックして時を稼ごうと思います。そのうちに問題が解決されることを祈って。笑 
全く問題ない人は勿論良いのですが、動作がおかしいと感じたら、戻せるうちに戻した方が良いと思います。通常はアップデート後10日間くらいは猶予がありますが、それ以降は戻すのが面倒になると思います。前例では、品質が安定するまでに何ヶ月か掛かるパターンが多い。

スポンサーサイト



関連記事
2020-05-30 (Sat)

古代北関東の古墳配置と水利

古代北関東の古墳配置と水利

以下に示す2つの画像は群馬県と埼玉県の利根川周辺域の古墳配置です。一見して目立つのは、利根川南岸の古墳密度の薄さでしょう。北岸に関しては密度の減少は顕著ではない。↑群馬県利根川北岸の古墳群(クリック拡大)↑埼玉県利根川南岸の古墳(クリック拡大)3世紀代において東海地方西部の氏族が東海道沿岸を航海し、関東地方の河川を遡上した可能性が高い。彼らが残した特徴のある土器が根拠となっています。当時の利根川は東京...

… 続きを読む

以下に示す2つの画像は群馬県と埼玉県の利根川周辺域の古墳配置です。一見して目立つのは、利根川南岸の古墳密度の薄さでしょう。北岸に関しては密度の減少は顕著ではない。

古代北関東の水利と古墳配置2
↑群馬県利根川北岸の古墳群(クリック拡大)

古代北関東の水利と古墳配置3
↑埼玉県利根川南岸の古墳(クリック拡大)

3世紀代において東海地方西部の氏族が東海道沿岸を航海し、関東地方の河川を遡上した可能性が高い。彼らが残した特徴のある土器が根拠となっています。当時の利根川東京湾に注いでいました。海岸線は今よりも、かなり後退していたと思われるが、関東奥地に至る遡上ルートは古利根川に他なりません。

古代北関東の水利と古墳配置0
↑江戸時代以前(左)と江戸時代後(右)の関東河川図(クリック拡大)
ホームページ「荒川の開発史」より引用

埼玉県の荒川は、現在、利根川とは別河川になっていますが、当時の元荒川古利根川の支流でした。現在の荒川あたりには吉野川入間川が流れていたはずです。元荒川は江戸時代に吉野川に付け替えられて現代に至ります。
3世紀ころの関東平野沿岸部は湿地帯ですが、歩けるような状態ではなかったろうと想像します。東京湾から利根川を遡上した氏族グループの一派は利根川本流を上り、群馬県、栃木県に入ります。もう一派は、本流から支流の元荒川を遡上し、現在の東松山地域に定住したと推測される。関東の古式古墳は前方後方墳で始まるが、小型ながら残存している地域です。
古利根川本流を遡った人々の殆どは北岸に定着します。南岸域に定住出来なかったのは河川の氾濫が原因であると推定できます。おそらく、利根川氾濫原利根川を北限とする、その南部地域であったのでしょう。しかし、古墳の配置図を見ると、河川から離れた地域でも古墳の密度は群馬県には遠く及ばない。これは何故だろうか? 有史に入ってからも火山被害の多い群馬県に比べれば埼玉県のほうが安全な地域とも言えるでしょう。

その要因を考えると幾つかの仮説が上げられる。しかし、最も有力なのは水利であると思います。当時の土木技術では大河川からの導水は技術的に不可能であったと思います。現代のように堤防があれば、河床が浅くなって天井川になることもあるが、自然河川では有り得ない。標高の高い遥か上流まで遡って分流水路を引くしかありません。しかし、例え工事が可能であっても、暴れ川の利根川は氾濫のたびに流路を変える。恒久的に使える施設は維持出来なかったと思います。
では水利に何を利用したかというと利根川に注ぐ小河川です。測量技術がありませんから、平坦地で人工的な水路を流すのは不可能です。可能なのは緩い傾斜地の小河川です。利根川北岸には赤城山から流れ出す小河川が無数にあります。これらの河川から分流水路を引いて稲作を行ったと思われる。彼らの出発地点を伊勢湾岸の舌状地と推定すれば、当地は地形的に類似しており、彼らの持つ灌漑文化に適用しやすかったのかも知れません。
しかし、利根川南岸の埼玉県側には小さな河川が非常に少ない。元荒川も支流とは云え大河川ですから水利を直接得るのは難しい。秩父山系を下る小河川は利根川支流であった元荒川まで届く河川は少なく、現荒川に相当する吉野川水系に吸収されてしまいます。古墳の配置も山間地域に近い入間川付近の密度が高い。つまり元荒川利根川本流の間にある現代のJR高崎線沿いは、水利のない不毛の地であった可能性があります。これが埼玉県の古墳密度の薄さの要因であると考えます。

この傾向は江戸時代以前まで続いていたと思われます。江戸時代に入ると灌漑用の溜池などが作られたが、それでも水不足は解消せず、後に河川からの導水工事に至ったようです。高崎線沿線には多くの用水路が開発されています。現代では此れらの水利工事によって、不毛の地域は首都圏の野菜需要を支える一大生産地に変貌しています。


古代北関東の水利と古墳配置5
↑行田市北部にある利根大堰

古代北関東の水利と古墳配置6
↑利根大堰のダム水門

古代北関東の水利と古墳配置8
↑水門下流側

古代北関東の水利と古墳配置4
↑導水制御している利根大堰須加樋管

古代北関東の水利と古墳配置7
↑須加樋管から見た沈砂池と3つの分流水路


現在は、利根大堰という施設で利根川本流から水を分流し、水利の乏しかった地域にきめ細かく給水しています。因みに利根大堰は、見沼代用水武蔵水路(荒川に接続)、埼玉用水の3系統に分流給水している。埼玉県中心部が、大きな河川に囲まれながらも渇水の地であった事はあまり知られていない。しかし、取水施設の膨大な水量がこの地域の水不足の深刻さを物語っています。

古代北関東の水利と古墳配置10
↑さきたま古墳群と水利環境
(さきたま史跡博物館ホームページの引用画像を編集)

利根大堰の南方には古墳時代中期の有名なさきたま古墳群があります。水利に乏しい地域で、彼らが何世代にも渡り繁栄出来たのは、おそらく元荒川支流(旧忍川)の水利を上手く利用できる地形と土木技術を持っていたためと推定します。彼らは、この土地のネイティブではなく、おそらく後発の移住者であると思います。周辺には彼らの祖先に相当する古墳が存在しないからです。



【参考・引用】
・古墳検索サイト「古墳マップ」
ホームページ「荒川の開発史」
さきたま史跡博物館ホームページ
関連記事
さきたま古墳群 * by レインボー
>利根大堰の南方には古墳時代中期の有名なさきたま古墳群があります。水利に乏しい地域で、彼らが何世代かにわたり繁栄出来たのは、おそらく元荒川支流(旧忍川)の水利を上手く利用できる地形と土木技術を持っていたためと推定します。

〇たいへん興味深い記事でした。私は、さきたま古墳群の近くに8年ほど住んだことがありますが、ご指摘のとおりだと思います。
 この地域が、どのように水を得ていたのか、興味深いところです。

Re: さきたま古墳群 * by 形名
レインボーさん、おはようございます。

レインボーさんは確か農業技術系の職業をお持ちでしたね。
転勤が多かったんですかね。
記事の画像では写角に入っていないのですが、近くには見沼代用水が
走っていて、おそらく水不足に悩んだ地域ではと思っています。
さきたま古墳群の最初の首長は鉄剣で有名な稲荷山古墳ですが、この
古墳の北側には、旧忍川の跡があります。この流路も人工的なもの
である可能性は高いですが、何れにしても元荒川の支流が古代にも
付近にあったと思われます。
河川堤防のない当時は、自然に天井川ができる可能性は薄いですね。
導水は高度の技術が必要です。灌漑が必要な水田の標高よりも
高い位置まで河川を遡って分流水路を引く以外には方法がありませんね。
平坦地では距離が長くなるので、非常に困難であったと思います。
群馬県には平安時代の水路遺跡(女堀)がありますが、この時代に
なっても通水に失敗しています。

Comment-close▲

2020-05-28 (Thu)

ネギの植え替え

ネギの植え替え

今日の高崎市はカラッと乾いた空気でしたが畑は暑かった。遅れていたネギの植え替え作業をやりました。ネギは溝に植え付けるので溝掘りが必要です。クワで作るが、これが意外と腰にくる。腰痛持ちには厳しい。たぶん粘土質の重たい土壌のせいだと思います。↑土寄せして山を作り、間に溝を切ります。微妙なS字カーブが疲労を物語っている。これを3畝作りました。暑さで肝心のネギを植えたあとの写真を忘れています。↑ついでにキュウ...

… 続きを読む

今日の高崎市はカラッと乾いた空気でしたが畑は暑かった。
遅れていたネギの植え替え作業をやりました。ネギは溝に植え付けるので溝掘りが必要です。クワで作るが、これが意外と腰にくる。腰痛持ちには厳しい。たぶん粘土質の重たい土壌のせいだと思います。

20200528畑1

↑土寄せして山を作り、間に溝を切ります。微妙なS字カーブが疲労を物語っている。これを3畝作りました。暑さで肝心のネギを植えたあとの写真を忘れています。

20200528畑2

↑ついでにキュウリの第2派を植えました。自作ポット苗です。少量ずつ5派まで植える予定。防虫ネットは1mm目のウリハムシ対策です。農薬を使わないためにはネット資材が大量に必要です。アブラムシ除けにはプロ農家が使う0.6mm目クラスでないと効果はないが、非常に高いので使用していない。
この他に防鳥ネットも無いと収穫に至らない野菜も多い。農業資材のコストはバカになりません。家庭菜園で野菜を栽培しても決してコストは下がらない。場合によっては量販スーパーのほうが安い。農薬の不使用を選べるというメリットだけかも知れません。

20200528畑3

↑例えば間接的ですが、こんな物も必要です。まだ私の場合は水道栓が使えますから恵まれています。中には、大型FRPタンクと散水用ポンプを軽トラに乗せて使う人もいる。大きな出費になるでしょう。元が採れる訳がありませんね。趣味と遊びの範疇です。


関連記事
No Subject * by kanna_24b
お疲れさまでした。
規模が違うのでさぞや腰にくるのではと思います...。

確かにコスト的には地域の産直市などで買った方が安いかもしれませんね。

ただ自分で作り始めて分かったのですが、出来が悪くても自分で作った野菜の方が熟してから採取するので味が良いのは大きな違いですね。
それと一斉に成るのでそれを旨く食べる方法を本気で考えるようになりました...笑

Re: No Subject * by 形名
kannaさん、こんばんは。

私も一時は真剣に多機能耕うん機の導入を考えました。ただ、体の負担は減るのですが、畝の固定化が難しい。固定化出来ないと、作付け管理が出来ないので、連作障害の発生率が増えるという問題が出てきます。また、運用面でも軽トラを持ってないと修理の時に大きな出費になるそうです。キャブの清掃くらいは自分で出来ないと大変らしい。

トマト類などは特に成熟採取出来ますから、これは自宅菜園の特権でしょうね。それから、流通野菜は運搬に耐える品種に限定されますが、家庭なら傷みやすくても美味い品種が選べます。一昨年、同じ畝で流通種の立ち性キュウリと地這い種を比べてみましたが、味の違いに驚きました。

Comment-close▲

2020-05-25 (Mon)

植物の重力感知「空はどっちにある?」

植物の重力感知「空はどっちにある?」

妙な話ですが、野菜を見てて何時も不思議に思うことがある。春暖かくなって適度な水分があれば、種や芋は目覚ましのスイッチが入ります。人は眼を覚ませば、視覚や平衡感覚器で自分の体勢が理解できるので問題なく起きられます。しかし野菜は何を元にして芽を出す方向を決めているのだろうか?例えば、ジャガイモは10cmくらいの土中に植えられるが、真っ暗闇で周囲の土圧差はそれほど差はないと思います。しかし、芽を出してる芋を...

… 続きを読む

妙な話ですが、野菜を見てて何時も不思議に思うことがある。
春暖かくなって適度な水分があれば、種や芋は目覚ましのスイッチが入ります。人は眼を覚ませば、視覚や平衡感覚器で自分の体勢が理解できるので問題なく起きられます。しかし野菜は何を元にして芽を出す方向を決めているのだろうか?

ジャガイモ上下


例えば、ジャガイモは10cmくらいの土中に植えられるが、真っ暗闇で周囲の土圧差はそれほど差はないと思います。しかし、芽を出してる芋を掘ってみれば、空を目指して発芽したのは歴然です。四方八方に芽を伸ばしてはいない。複数箇所からか芽を出すが、全て空に向かって伸び、芋の側面や下側にあった芽は伸びていません。ジャガイモ周囲の土圧に差が少ないのは、芋を水中に沈めた場合を考えれば理解しやすい。だが容積の大きいジャガイモの場合は、上面と下面で水深が異なるから受ける圧力が異なる。従って当初は土圧の微妙な差が発芽方向を決める要素かと考えた。しかし、メロンの種を考えれば否定的です。メロンの種の厚みは0.5mm程度しかないが、10mmの深さから空に向けて正確に発芽する。計算上、土圧の差は5%程度しかない。
春先にダンボール箱に入ったジャガイモはあらゆる位置から一斉に発芽してくる。あれは芋の全周が僅かな光、または、空気を感じて、既に地上に出たと認識してるのだと思います。しかし、暗黒土中のジャガイモ重力を感じて発芽位置と方向を決めてるとしか思えない。消去法で考えても正確な方向を決められる要素は他に無いからです。好光性種子は光を感じる深さでないと発芽しにくいが、明るさに対する反応では正確な発芽方向を決定できないでしょう。ましてや嫌光性種子であれば、明るい場所では発芽しないので、光を頼るのは矛盾している。
しかし、そもそも種や芋はどうやって重力方向を感じるのだろうか? 人間の内耳には、先端にオモリのついた毛がたくさん生えていて、その傾きで平衡感覚を得ています。でも植物の場合は同様の構造は少なくとも無い。細胞内に何らかの単純な感知機能があると思われるが、そのメカニズムが分かりません。



関連記事
No Subject * by kanna_24b
なるほど重力ですか...

私は何の確証もありませんが、わずかな光か熱を感じているのかと思っていました。

Re: No Subject * by 形名
kannaさん、こんにちは。

種は好光性種と嫌光性種があって、後者は光を遮断する深さでないと発芽しないそうです。
「1~2cmの深さに覆土する」と書いてあるのは嫌光性種ですね。此のくらいだと光を感じる
かも知れませんね。熱は考えなかったな・・・
でもジャガイモは15cmの深さでもちゃんと発芽します。多分、光は届いていないでしょう。
やっぱり重力のような気がしますが、どのようにして重力方向を知るのかが分かりません。笑

Comment-close▲

2020-05-21 (Thu)

草ぼうぼうの畑で種まき

草ぼうぼうの畑で種まき

例年ならクソ暑い5月ですが、肌寒くてしかたがないです。野菜の種も発芽しないし育たない。今日は土が湿っている畑に落花生と枝豆を蒔きましたが、高温性の豆科には辛いかも知れない。↑草だらけの空き畝も除草しました。全て人力なので疲れました。今月中には、種蒔きでほぼ埋まります。左手にいるのは落花生が大好きな常連盗人カラス。防鳥ネットがあっては黄昏れるばかり。笑↑草ぼうぼうエリアはスイカの予定です。でも、この寒...

… 続きを読む

例年ならクソ暑い5月ですが、肌寒くてしかたがないです。野菜の種も発芽しないし育たない。今日は土が湿っている畑に落花生枝豆を蒔きましたが、高温性の豆科には辛いかも知れない。

20200521畑2

↑草だらけの空き畝も除草しました。全て人力なので疲れました。今月中には、種蒔きでほぼ埋まります。左手にいるのは落花生が大好きな常連盗人カラス。防鳥ネットがあっては黄昏れるばかり。笑


20200521畑3

↑草ぼうぼうエリアはスイカの予定です。でも、この寒さでポット苗は2~3本しか発芽していない。まともな苗は出来そうにない。代わりの野菜を考えた方が良さそう。

20200521畑1

↑苗で購入したキュウリ(夏すずみ)は接ぎ木苗のせいか、活着も良くて大きくなった。しかしどう見ても立ち性のキュウリですね。天井につかえてます。地這いでも育つだろうか? 支柱仕立ては面倒で台風にも弱いので、うちでは皆地這いにしてしまう。


【5/23追記

20200521畑4

↑キュウリのトンネル支柱を交換して天井を高くしました。キュウリは午前中だけ陽が当たれば十分です。西日を嫌うから西側は遮光ネットを張ってあります。根本のネギは病気予防のコンパニオン。根を絡ませるとツル割れ病が少なくなります。

20200521畑5

↑まるで種芋を植えたような自生ジャガイモ!?自生栽培は収穫時に極小芋を土に戻すだけですから簡単です。でも連作障害を起こすので、1年2回やったらネギを植えて土壌環境を回復させます。畝が2本あれば連続運用できる。少し面倒になるがネギの根本に小芋を埋め戻せば連作障害も起きません。ジャガイモは芽欠きした芽を植えても収穫できるくらいですから、種芋など無くても育つ野菜です。



関連記事
No Subject * by kanna_24b
寒いですね...
昨日は最高気温でも10度に届かずでした。

うちも種で植えたトウモロコシと枝豆は古い種で植えたせいだと思いますが殆ど発芽せずでした・・・これは寒さとは関係ないと思いますが 笑

Re: No Subject * by 形名
kannaさん、こんばんは。

そちらも寒いですね。
こちらは最高気温では10度を超えますが、夜は一桁まで下がりますね。
この気温が続くと野菜の苗をつくるのは無理です。

スイカなどの種は寿命が長いですが、枝豆、トウモロコシは
1~2年でダメですね。有効期限内に使い切った方法がいいです。
またエダマメは低温では発芽しないと思います。
だいたい夏野菜は高温性なのが多いですね。

Comment-close▲

2020-05-18 (Mon)

新田氏の中世「武家の棟梁」への道《書評》

新田氏の中世「武家の棟梁」への道《書評》

新田氏と足利氏は源義国の子から分岐する氏族です。その系譜の中には教科書にも出てきた人物名があります。新田氏と足利氏に関しては古文献が多いせいか、研究者も多くて歴史解説書も豊富です。ただ、それらは基本的に『太平記』という物語の記載に沿っているものが多いと思います。太平記は、14世紀代に編纂されたと考えられているが、作者や正確な成立時期は分かっていない。文献では、2つの氏族は互いに独立した勢力として覇権...

… 続きを読む

新田氏足利氏源義国の子から分岐する氏族です。その系譜の中には教科書にも出てきた人物名があります。新田氏足利氏に関しては古文献が多いせいか、研究者も多くて歴史解説書も豊富です。

気になる2つのお墓1

ただ、それらは基本的に『太平記』という物語の記載に沿っているものが多いと思います。太平記は、14世紀代に編纂されたと考えられているが、作者や正確な成立時期は分かっていない。文献では、2つの氏族は互いに独立した勢力として覇権を争ったと描かれている。しかし、物語と実際の歴史は乖離しているケースが多々あります。物語が客観的に描かれていることなどあり得ません。それは物語自体が、特定の立場を取る人物や集団の利益・正統性を主張するために描かれているからです。


新田氏の中世


画像の書籍は、『新田一族の中世』という変わった表題の本です。比較的新しい本ですが、従来の太平記ベースの歴史解説ではなく、実際の新田氏足利氏とはどんな関係だったのかを分析しています。また太平記がどんな思惑で書かれたものかという点にも言及している。まだ読み終えていないが、着目点が新鮮で面白いです。具体的な内容について此処では触れないが、いろいろな視点で歴史を見ることが重要だと気づかせてくれる。著者の田中大喜さんというのは学習院大学の史学科出身ですが、まだ若い方のようです。歴史研究者も世代交代しています。





日本史ランキング
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
関連記事
箱根竹ノ下の戦い * by むく
御殿場に居た頃に時々歩いて尊氏と義貞の運命を変える闘いの合った竹之下や足柄峠に足を伸ばしました。今は籠坂峠を越えた山中湖ですが。歴史探訪は夢が膨らみますね。

Re: 箱根竹ノ下の戦い * by 形名
むくさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

建武新政も長続きはせず、後醍醐側の義貞と反旗を翻した尊氏の対立は徐々に激化していきますね。箱根竹之下の戦いは参戦した人数もけっこう多かったようです。政権争いに巻き込まれた感じの義貞ですが、もともと鎌倉幕府や足利氏には重要視されていなかった義貞には強い不満があったのでしょう。私も神奈川県に住んでいた時期もありました。箱根方面も行きましたが、当時は歴史趣味はなかったので、一度、戦乱のあった場所を訪問してみたいです。

Comment-close▲

2020-05-17 (Sun)

箸墓古墳のミューオン透視調査《記事抜粋》

箸墓古墳のミューオン透視調査《記事抜粋》

2020年1月に、各メディアから一斉に報じられた箸墓古墳ミューオン透視調査の記事が再び読売新聞に掲載された。特に目新しい内容はないが記録しておく。↑読売新聞2020年5月17日記事より抜粋↑透視原理と春日古墳のミューオン透視画像 日本史ランキング にほんブログ村...

… 続きを読む

2020年1月に、各メディアから一斉に報じられた箸墓古墳ミューオン透視調査の記事が再び読売新聞に掲載された。特に目新しい内容はないが記録しておく。

箸墓ミューオン2
↑読売新聞2020年5月17日記事より抜粋

箸墓ミューオン4
↑透視原理と春日古墳のミューオン透視画像




日本史ランキング
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
関連記事
2020-05-16 (Sat)

榛名山二ツ岳溶岩ドームについて

榛名山二ツ岳溶岩ドームについて

群馬県の上毛三山の一つ、榛名山は火山です。現在、噴火活動はありませんが、何れ活動を再開する可能性は隣の赤城山よりも高いと思います。最後に噴火した二ツ岳は恐ろしい火砕流を起こしていますが、被災地域からは意外と離れた榛名山群中心部に近い場所にあります。↑高崎市北部から見た榛名山 クリック拡大榛名山が噴火活動を開始した時期は50万年前と考えられている。噴火活動は休止期を挟んで二期に分けられます。①古期榛名火...

… 続きを読む

群馬県の上毛三山の一つ、榛名山は火山です。現在、噴火活動はありませんが、何れ活動を再開する可能性は隣の赤城山よりも高いと思います。最後に噴火した二ツ岳は恐ろしい火砕流を起こしていますが、被災地域からは意外と離れた榛名山群中心部に近い場所にあります。

榛名山二ツ岳溶岩ドームの変容6
↑高崎市北部から見た榛名山 クリック拡大

榛名山が噴火活動を開始した時期は50万年前と考えられている。噴火活動は休止期を挟んで二期に分けられます。

①古期榛名火山:約50万年前~約25万年前ごろ
 活動休止期 :約25万年前~約5万年前
②新期榛名火山:約5万年前~古墳時代~現在


榛名山二ツ岳溶岩ドームの変容1
↑榛名山の地質図(産業技術総合研究所ホームページより)クリック拡大

上の地質図で、茶系色黄系色で示した部分は古期火山で形成された部分です。赤色桃色で示した部分は古期の上に乗った新期火山によるものです。山群の東側古期形成部の上には新期火山で発生した火山灰や火砕流の堆積があります。これらの堆積地は細かい赤点で示している。新期榛名火山では複数の溶岩ドームが形成されたが、その順序は以下となります。

榛名富士・蛇ヶ岳(3万年前)→相馬山(1.7万年前)→水沢山(1万年前)→二ッ岳(4世紀~)

噴火間隔は徐々に短くなっています。榛名山群は不気味な山です。二ツ岳の噴火は100年ほど続くが、5世紀終末期から6世紀前半の2回の噴火は大規模でした。降灰は東北福島県まで達しています。すでに古墳時代に入っていますから、当時の生活遺跡には多大な災害痕跡が残されている。現在までに発見されている火山災害遺跡を以下に示します。


榛名山二ツ岳溶岩ドームの変容5
渋川市の古墳時代の火山噴出物と主な遺跡 クリック拡大
(群馬県埋文事業団ホームページより)


一般的に有名なのは、①黒井峯遺跡の埋没水田、②金井東裏遺跡の甲冑遺体、③中筋遺跡の埋没住居、④白井・吹屋遺跡の馬蹄跡でしょうか。何れも榛名山二ツ岳の北西~東にあたる渋川市に集中しています。しかし火砕流や泥流の被害は渋川市を超えて榛名山の東~南全域に及んでいます。

【補足】
上図赤枠に、Hr-FA(6世紀初頭)とHr-FP(6世紀中葉)と記述があります。水沢観音の北西1kmにある佛光山法水寺の建設現場地中から発見された樹木遺物によって、現在では、もう少し確度の高い情報があります。最外樹皮の放射性炭素年代分析AMS)と暦年代較正ウイグルマッチング法)によって以下の結果が出ている。
①Hr-FA(古墳時代1回目の噴火)
 誤差の標準偏差1ρ・・・・・西暦489-498(西暦495/+ 3/- 6)
   誤差の標準偏差2ρ・・・・・西暦485-504(西暦495/+ 9/-10)
 ※西暦489-498範囲に入る確率は68%、 西暦485-504範囲に入る確率は95%です。
  従って標準偏差1ρでは5世紀終末、2ρでは5世紀終末から6世紀初頭にも入る可能性があるという事です。
②Hr-FP(古墳時代2回目の噴火)
   Hr-FAからの相対年代で+25年程度の経過後


前述の地質図では地形が把握しづらいので色別標高図を以下に示します。


榛名山二ツ岳溶岩ドームの変容2
↑榛名山標高図(国土地理院標高図より)クリック拡大

榛名山二ツ岳溶岩ドームの変容3
↑榛名山標高図の拡大図 クリック拡大

新期榛名火山期の溶岩ドームを見ていて不思議なことがあります。古墳時代に入って大噴火を起こしたのは最後発の二ツ岳です。前述したように、二ツ岳に先行して相馬山水沢山はすでに形成されています。地形をよく観察すると、二ツ岳の南は相馬山に、東は水沢山に一部ブロックされています。しかも、大きなカルデラ内に完全に収まっています。にもかかわらず、二ツ岳の火砕流は榛名山東側全域に及んでいる。火砕流の発生状況は雲仙普賢岳の映像でも確認できますが、谷筋を高速で下り、麓で広範囲に広がることはない。だとすれば、現状の地形では二ツ岳火砕流の範囲は広過ぎます。地形を把握しやすくするために前述画像を3D化したのが以下画像です。


榛名山二ツ岳溶岩ドームの変容4
↑榛名山標高図の3D画像 クリック拡大

二ツ岳というのは頂上部が3つに別れていて外輪山を形成しています。中心の火口2が噴火鎮静期の火口と思われます。だが、この火口地形では火砕流の広がりは説明しにくい。おそらく噴火最盛期の二ツ岳は図中火口1カルデラ全域を山体とする榛名山最大標高を持つ溶岩ドームであったと思われます。現在では相馬山のほうが標高が高いが、当時は逆転していたのではないか。相馬山は先行する溶岩ドームだが、やがて二ツ岳溶岩ドームに取り込まれていたような気もします。そう考えると巨大な溶岩ドームが崩壊して周囲全周に火砕流となって下った現象を考えやすい。

浅間山は2万4千年前に大噴火を起こしています。当時の浅間山は、外輪山である黒斑山と現浅間山を含む山体で火口も現在より大きかったはずです。今は標高2568mですが、噴火前の標高は3000mを優に超えていたと思われる。当時の山体上部は爆発と火砕流で崩壊流失しています。浅間山の北側に流れ下った火山灰泥流は吾妻渓谷を経て利根川に流れ込み、前橋台地を形成した榛名山カルデラ内に浮かぶ現二ツ岳浅間山の構造に似ている気がします。元の二ツ岳は今よりも大きな山体を持つ巨大溶岩ドームであったと思われる。

榛名山二ツ岳溶岩ドームの変容7
↑浅間山のカルデラ構造(Google/Earth) クリック拡大



【参考・引用】
・「榛名山の活動史」 産業技術総合研究所ホームページ
・「渋川市の古墳時代遺跡群の概要」 群馬県埋蔵文化財事業団ホームページ
・「群馬県の遺跡5 古墳時代Ⅱ集落」 群馬県埋蔵文化財事業団監修 上毛新聞社
・「榛名山噴火の理学的年代決定」  群馬大学 早川由紀夫研究室ホームページ
・ 国土地理院標高図、Google/Earth


日本史ランキング
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
関連記事
2020-05-15 (Fri)

名門 ” ワンサカ " の衰退

名門 ” ワンサカ

昭和中期生まれの自分にはレナウンの倒産は驚きでした。コロナがきっかけであっても、衰退は以前から始まっていたようです。名門としての誇りに縛られて時代のニーズに対応しきれなかったのか? たとえ民事再生されても、従来路線では存続できないのではないだろうか。...

… 続きを読む

昭和中期生まれの自分にはレナウンの倒産は驚きでした。コロナがきっかけであっても、衰退は以前から始まっていたようです。名門としての誇りに縛られて時代のニーズに対応しきれなかったのか? たとえ民事再生されても、従来路線では存続できないのではないだろうか。



関連記事
2020-05-03 (Sun)

2020年 夏野菜始動

2020年 夏野菜始動

2020年夏野菜の種まきと植え付けが始まりました。例年だと、いろいろな種類を作るが、今年は自分の好きな野菜だけ。畑に合わないナス科野菜はやめました。ジャガイモは自生(おのればえ)です。基本、苗は購入しませんが、キュウリの第一派分だけは買いました。4月の当地は寒くて、温室のない自分にはポット苗を作るのが難しい。第二派以降は全て自前の苗でやろうと思います。作付け表(クリック拡大)赤字は畑や育苗ポットに種ま...

… 続きを読む

2020年夏野菜の種まきと植え付けが始まりました。例年だと、いろいろな種類を作るが、今年は自分の好きな野菜だけ。畑に合わないナス科野菜はやめました。ジャガイモは自生(おのればえ)です。基本、苗は購入しませんが、キュウリの第一派分だけは買いました。4月の当地は寒くて、温室のない自分にはポット苗を作るのが難しい。第二派以降は全て自前の苗でやろうと思います。

2020野菜計画
作付け表(クリック拡大)

赤字は畑や育苗ポットに種まきが終わったところ。黒字はこれから6月末頃まで順次続きます。夏野菜と書いたが落花生の収穫は11月頃。ネギ類の苗植えはありません。エンドレス栽培なので、8月に干しネギを作って植え替えます。秋冬の葉物野菜は9月上旬になってからスタートします。


メロン

育苗中のマクワウリとニューメロンです。この他にキュウリやスイカなど育苗中。早くに種を蒔いても気温が上がらないと発芽しないので難しい。昨年までは保温も行ったが、今年は自然に任せます。フライングするより、適温になった時に一気に蒔いたほうが、発芽も、その後の生育も早いみたい。種袋記載の薪時は目安であって、実気温を優先に考えた方が良いようです。

関連記事
No Subject * by kanna_24b
多種にわたって栽培ですね。
キュウリなんかはけっこな量なりそうですが、漬物ですか?

今年もいろいろ教えてください。

Re: No Subject * by 形名
kannaさん

種類でいうと去年の半分くらいですね。
気に入った種類を時期を分けて長く収穫する方式に変えています。
トウモロコシ、ニガウリ、ナス、トマト、ピーマン、オクラなどは止めました。
きゅうりは例年4回くらい蒔くのですが、確かにピーク時は食べ切れずに
収穫率は50%くらいです。おばけキュウリになってしまうので食べられない。
畑が自宅から離れてるのが原因です。でもピークが外れるとちょうどよい量で
収穫できますね。

管理人のみ閲覧できます * by -

依頼者さま * by 形名
依頼者さま

私のブログはリンクフリーなので全く問題ありません。
ただ私の記事は戦国時代とは無縁であり、お互いにメリットはないと思いますよ。
それでも宜しければ了承いたします。

Comment-close▲