FC2ブログ

♪ バラードカテゴリ記事一覧

メイン

Down in the Willow Garden

a1186001463_10.jpg

 
Down In The Willow Garden
柳の庭で
 

Down in the willow garden
柳の庭で
Where me and my love did meet
僕は彼女に会った
As we sat ther a courtin' 
愛を語らううちに
My love fell off to sleep
僕の恋人は眠ってしまった
I had a bottle of burgundy wine
僕はバーガンディワインを一本もっていたのに
My love she did not know 
彼女は気付かない
And so I poisoned that dear  little girl
だから僕は彼女を殺してしまった 
On the banks below
下の川沿いで
 
I drew a saber through  her 
僕はナイフを突き刺した
It was a bloody knife 
血だらけのナイフを
I threw her into the river 
川に彼女の死体を投げ込んだ
Which was a dreadful sight
それは酷い光景だった
 
My father often told me
親父はよく言っていた
That money would set me free 
お金が僕を自由にしてくれると
If I would murder thar dear  little girl
もしもあの娘を殺したら
Who's name was Rose Connolly 
あのローズコナリーという名の娘を
 
My father site at his cabin door
親父は部屋の戸口に立っている
Wiping his tear-dimmed eyes
涙でかすむ眼を拭きながら
For his only son soon shall walk 
親父のたったひとりの息子が
To yonder scaffold high 
あの絞首台に昇っていくからさ
 
My race is run beneath the sun
僕の人生は太陽の下で尽きようとしている
The scaffold now waits for me
絞首台が待っている
For I did murder that dear  little girl
あの素晴らしい娘を殺したからさ
Who's name was Rose Connolly
ローズ・コナリーという娘を
スポンサーサイト

Журавли


Tatiana Yevgenyevna Samoilova(タチアナ・エフゲニエヴナ・サモイロワ)
фильм「Летят журавли」(映画「鶴は飛んでいく」)



Журавли
 
  
Мне кажется порою, что солдаты
С кровавых не пришедшие полей,
Не в землю нашу полегли когда-то,
А превратились в белых журавлей. 
 私は時折ふと思う
血まみれの戦場から戻らなかった兵士たちは
土に還らず白い鶴になったのかも知れないと

Они до сей поры с времен тех дальних
Летят и подают нам голоса.
Не потому ль так часто и печально
Мы замолкаем глядя в небеса?
彼らは遙かな時代から現在まで
 ずっと空を飛び続け、私たちに呼びかけている
だから私たちは、かくも頻繁に、そして悲しく
 黙って空を見つめてしまうのだろう

Летит, летит по небу клин усталый,
Летит в тумане на исходе дня.
И в том строю есть промежуток малый -
Быть может это место для меня.
疲れ切った鶴たちは 
それでも休まず空を飛び続ける
 落日の霧の中を飛び続ける
あの群れの中に小さな隙間がある 
きっとあれは私の場所なのだ

Настанет день и журавлиной стаей
Я поплыву в такой же сизой мгле.
Из-под небес по-птичьи окликая
Всех вас, кого оставил на земле.
いつか私もあの鶴たちとともに 
仄暗い霧の中を泳ぎ、
この地に残るあなた方に 
空から呼びかけるだろう

Мне кажется порою, что солдаты
С кровавых не пришедшие полей,
Не в землю нашу полегли когда-то,
А превратились в белых журавлей.
私は時折ふと思う
血まみれの戦場から戻らなかった兵士たちは
土に還らず白い鶴になったのかも知れないと



Scarborough Fair

Celtic Woman
 
 
 
Scarborough Fair

 
Are you going to Scarborough Fair? 
Parsley, sage, rosemary and thyme 
Remember me to one who lives there 
He was once a true love of mine 

Tell him to make me a cambric shirt 
Parsley, sage, rosemary and thyme 
Without no seams nor needle work 
Then he'll be a true love of mine 

Tell him to find me an acre of land 
Parsley, sage, rosemary and thyme 
Between salt water and the sea strands 
Then he'll be a true love of mine 

Are you going to Scarborough Fair? 
Parsley, sage, rosemary and thyme 
Remember me to one who lives there 
He once was a true love of mine

I, Don Quixote


Sarah Pacheco  


I, Don Quixote
(Man Of La Mancha) 
 
  
Hear me now oh thou bleak and unbearable world. 
Thou art base and debauched as can be.
よく聞け 荒れ果て汚れきった世の者ども
堕落しきった者どもよ

And a knight with his banners all bravely unfurled. 
Now hurls down his gauntlet to thee!
ひとりの騎士が勇ましく旗を掲げ
貴様たちに戦いを挑む

I am I, Don Quixote, 
the Lord of La Mancha. 
Destroyer of evil am I.
私がドン・キホーテ
ラ・マンチャの領主
悪を滅ぼす者

I will march to the sound of the trumpets of glory.
永遠の勝利か または死か 
栄光のファンファーレとともに行かん
 
Forever to conquer or die Hear me heathens
 and wizards and serpents of sin.
All your dastardly doings are past.
聞け 異教徒 魔術師 そして悪魔どもよ
もう貴様らに卑劣なことはさせない

For a holy endeavor is now to begin. 
And virtue shall triumph at last!
さあ聖なる戦いの始まりだ
そして美徳が大勝利を収めるのだ

I am I, Don Quixote, 
the Lord of La Mancha. 
My destiny calls and I go.
私がドン・キホーテ
ラ・マンチャの領主
世界中がこの名を知ることになる

And the wild winds of fortune will carry me onward.
Oh whither so ever they blow.
運命の風にまかせ 私は流れてゆく
どこであれ その風が吹くところへ
 
Whither so ever they blow.
Onward to Glory I go.
どこであれ 私は栄光に向かって進む
 
I am I, Don Quixote, 
the Lord of La Mancha. 
My destiny calls and I go.
私がドン・キホーテ
ラ・マンチャの領主
世界中がこの名を知ることになる

And the wild winds of fortune will carry me onward. 
Oh whither so ever they blow.
運命の風にまかせ 私は流れてゆく
どこであれ その風が吹くところへ
 
Whither so ever they blow. 
Onward to Glory I go.
どこであれ 私は栄光に向かって進む

Down in The Willow Garden


from John Everett Millais "Ophelia"
 
 
 
Down In The Willow Garden
柳の庭で(悲しみのウィローガーデン)
 
 

Down in the willow garden
柳の庭で
Where me and my love did meet
僕は彼女に会った
As we sat ther a courtin' 
愛を語らううちに
My love fell off to sleep
僕の恋人は眠ってしまった
I had a bottle of burgundy wine
僕はバーガンディワインを一本もっていたのに
My love she did not know 
彼女は気付かない
And so I poisoned that dear  little girl
だから僕は彼女を殺してしまった 
On the banks below
下の川沿いで
 
I drew a saber through  her 
僕はナイフを突き刺した
It was a bloody knife 
血だらけのナイフを
I threw her into the river 
川に彼女の死体を投げ込んだ
Which was a dreadful sight
それは酷い光景だった
 
My father often told me
親父はよく言っていた
That money would set me free 
お金が僕を自由にしてくれると
If I would murder thar dear  little girl
もしもあの娘を殺したら
Who's name was Rose Connolly 
あのローズコナリーという名の娘を
 
My father site at his cabin door
親父は部屋の戸口に立っている
Wiping his tear-dimmed eyes
涙でかすむ眼を拭きながら
For his only son soon shall walk 
親父のたったひとりの息子が
To yonder scaffold high 
あの絞首台に昇っていくからさ
 
My race is run beneath the sun
僕の人生は太陽の下で尽きようとしている
The scaffold now waits for me
絞首台が待っている
For I did murder that dear  little girl
あの素晴らしい娘を殺したからさ
Who's name was Rose Connolly
ローズ・コナリーという娘を
プロフィール

形名

Author:形名

カウンター

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
参加ブログランキング
FC2プロフ