FC2ブログ

東国の古代史

Top Page › 古代東国史 › 山上碑に記された大児臣の墓「堀越古墳」(1/2)《前橋市堀越町》
2020-11-04 (Wed)  21:25

山上碑に記された大児臣の墓「堀越古墳」(1/2)《前橋市堀越町》

堀越古墳は群馬県前橋市堀越町にある古墳です。古墳時代終末期の古墳で、埋葬者が推定可能な有名古墳です。上毛古墳総覧には大胡町第15号墳として記載されている。

↑堀越古墳の位置

堀越古墳18
墳丘変形以前の堀越古墳(1948年/下1961年)


(1)古墳形態
形状   丘陵斜面に築造された径約25m、高さ約3mの円墳。石室前に台形に広がる前庭部がある。
     墳丘本体は北側が道路によって1/3ほど削り取られている。現地説明板には幅2.5mの空堀
     が南半分だけ巡っていると記載されている。しかし1948年の画像で見ると墳丘周囲に周濠状
     の地割が確認できる。内堀だけでなく、外堀も存在した可能性ある。
埋葬施設 南に開口する両袖式の横穴式石室で、全長約7m、玄室部は長さ約3.2m、幅約1.8m、
     高さ約2m。安山岩の切石積み構造。
築造時期 7世紀後半(西暦675年くらい)。
出土品  早くから開口していたため出土品は少ない。明治2年の発掘時に小刀などが出土したが行方
     不明。1972年、大胡町教育委員会が前庭部を中心に発掘調査を行い、石組みの壁付近で土師
     器坏2個、須恵器坏蓋1個が出土。

堀越古墳2
↑墳丘と南側の前庭部

堀越古墳13
↑墳丘北側は道路で削られている

堀越古墳14
↑石室奥壁間近まで削られている

堀越古墳4
↑羨道入り口

堀越古墳12
↑羨道部

堀越古墳5
↑羨道左壁

堀越古墳6
↑羨道右壁

堀越古墳11
↑羨道中間部

堀越古墳7
↑羨道と玄室を分ける玄門

堀越古墳8
↑玄室内部

堀越古墳9
↑玄室右壁

堀越古墳10
↑玄室左壁

埋葬施設の特徴としては、切石積みという技法を使った石室であり、古墳時代終末期の特徴を持つ。石材の加工・組付けは、乱雑な部分と緻密な部分を併せ持つ。全体的にはラフな加工が目立ち、桐生の中塚古墳のほうが丁寧に造られている。特徴的なのが、玄室と羨道の高さが2段に構築されていることです。これは、本古墳が丘陵傾斜地に山寄せに築造されているためと思われる。羨道床面から比べると、玄室の床はかなり高い。間を区切る梱石も通常よりも高い。玄室の天井は比較的高く、天井石の上の土砂層はかなり薄いと思われる。

堀越古墳15
↑前庭部の説明板と標識

堀越古墳1
↑現地説明板



次稿に続く



にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
関連記事
群馬7世紀の古墳、興味深い * by レインボー
>碑文は隣にある山上古墳とセットで意味を成すものであり、古墳の墓碑となっています。母(黒売刀自)のために墓碑を造った放光寺僧長利の系譜関係が記されている。古墳の築造は西暦650年くらいの特徴をもっており、黒売刀自の父親との合葬墓の可能性が高いと言われています。

〇群馬7世紀の古墳
 埋葬者を確認できるというたいへん興味深い記事でした。
 7世紀後半となると、関東が大和の支配下に入る時期前と理解しておりますが、碑文を含め、関東の独自の様子がよく分かる感じがしました。
草々
 

Re: 群馬7世紀の古墳、興味深い * by 形名
レインボーさん、コメントありがとうございます。

日本の古墳は、文字文化普及の遅れや、墓誌を納めない慣習から埋葬者が特定できない
という問題がありますね。群馬県の場合は、渡来人の影響なのか、正格漢文ではない
史部流と呼ばれる日本語化された金石文が幾つか残っています。
改めて文字という文化の偉大さがよく分かります。こういった遺物がもっとあれば、
古代史ももっと解明されていたでしょうね。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

群馬7世紀の古墳、興味深い

>碑文は隣にある山上古墳とセットで意味を成すものであり、古墳の墓碑となっています。母(黒売刀自)のために墓碑を造った放光寺僧長利の系譜関係が記されている。古墳の築造は西暦650年くらいの特徴をもっており、黒売刀自の父親との合葬墓の可能性が高いと言われています。

〇群馬7世紀の古墳
 埋葬者を確認できるというたいへん興味深い記事でした。
 7世紀後半となると、関東が大和の支配下に入る時期前と理解しておりますが、碑文を含め、関東の独自の様子がよく分かる感じがしました。
草々
 
2020-11-06-07:44 * レインボー [ 編集 * 投稿 ]

形名 Re: 群馬7世紀の古墳、興味深い

レインボーさん、コメントありがとうございます。

日本の古墳は、文字文化普及の遅れや、墓誌を納めない慣習から埋葬者が特定できない
という問題がありますね。群馬県の場合は、渡来人の影響なのか、正格漢文ではない
史部流と呼ばれる日本語化された金石文が幾つか残っています。
改めて文字という文化の偉大さがよく分かります。こういった遺物がもっとあれば、
古代史ももっと解明されていたでしょうね。
2020-11-06-12:08 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]