FC2ブログ

東国の古代史

Top Page › のぞき道具 › AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
2015-01-30 (Fri)  18:01

AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

このレンズの評価は比較的よく、2013年8月の発売から時間が経過しているのに、価格があまり下がっていない。カメラボディなどは2年もたてば人気商品でも5割まで下がるものもあるという。人気レンズは価格低下が緩慢なようだ。
フルサイズ機の導入を考えると、DXフォーマット用のレンズを購入するのは抵抗があるが、専用に設計されたレンズを持つのも悪くないと思い購入した。






カメラレンズは35mmのフルサイズ換算で焦点距離が表記される。DX用18~140mm表記だが、実際は1.5倍の27~210mmになってしまう。18mmは広角といえるが、27mmでは広角とは言えない気もする。ズームレンズでも、もう少し広角側が欲しいと思う。中間の設定はあまり使わないから単焦点レンズを買ったほうが画質的には有利かもしれない。






最近のカメラレンズは買ったことはないので、この製品の評価はできないが、AFの動作も早く、画質にも満足している。このレンズ1本あれば、だいたい間に合うので手軽です。欠点といえば、単体で重いわけではないが、カメラと合わせると重量感がある。コンデジやスマホがあるので、持ち出すのに躊躇してしまうことも多い。
特に自転車ツーリングには絶対に持っていかない。
こういう人間は一眼カメラに手を出すべきではないのか!?  ^^ゞ

天体用望遠鏡を使う自分にはカメラレンズの重さが気になる。レンズが多いほど透過光は減衰して、シャープさを失っていくのは光学機器共通のことだろう?
天体望遠鏡は無限遠付近でピントが出ればよい。カメラは合焦させる範囲が広いのでレンズが増えるのは分かるが、15~20枚とは多すぎないか?
こんなに多くては、明るいレンズを作るのに、口径が必然大きくなり、益々重くなるというジレンマに陥るのでは?


  
関連記事
スポンサーサイト



Comment







管理者にだけ表示を許可