FC2ブログ

東国の古代史

Top Page › PCソフトウェア › セキュリティソフト
2016-04-14 (Thu)  17:55

セキュリティソフト

最近までの約10年間は、ノートンセキュリティソフトを使ってきました。
年代により、ノートンの製品体系も変わりましたが、一貫して使用してきた。
ノートンは世界レベルでは圧倒的にシェアが高い。
しかし、日本では企業向けのシェアはそこそこだが、個人ユーザーは少ない
かも知れません。一つの原因は価格が高いからでしょう。
パソコンに初期インストールされてるものも、マカフィーやウイルスバスター
が多い。




勤務先で使っていたので、あまり考えもせずに自宅でも購入してました。
しかし、使用してみて感じるのですが、検出された実績はそう多くはない。
クッキーに関する対処は多いが、これはどのメーカーの製品でも同じです。
重要なのは、重大な問題を引き起こすウイルスを検出できるかどうか。

もちろん、攻撃を受けていないのなら問題ないですが、実はセキュリティ
ソフトの検出率はあまり高くないのです。
一説によると、4割行けば良いほうで、もっと低い場合が殆どだそうです。
それだけ、新種や亜種が多くて、いたちごっこだということ。
現在は、同じ攻撃ウイルスを使って各社セキュリティソフトの検出能力を
テストしている機関もあります。少し古いデータだが、検出率はネットで
検索すれば参照できます。


半年ほど前ですが、自宅のデスクトップパソコンでインターネット使用中
に、突然、画面が点滅を始め、強制復旧できなくなった。
原因は分かりませんが、システムソフトが壊れているようでした。
当時、まだWindows8.1を使用中だったが、異常な動作の中で何とか
ダウンロード済のWindows10のインストールに成功してやっと復旧した。
原因がウイルスソフトかどうかは不明ですが可能性はあるかも知れない。

そこで、ノートンセキュリティの有効期限3年が切れたのを機会に、効果
は不明だが他社製のものに替えてみた。
機能的に優れていると評判の「ESETセキュリティ」です。




各社セキュリティソフトのベンチマークテストでも好成績を上げている。
しかも非常に安価で、ノートンの1/2~1/4の価格です。
「ESETセキュリティ」はキャノンITソリューションズという会社製品で
キャノンの子会社だと思います。

入れ替えてからはログをよく眺めています。まだ重大なウイルス検出実績
はありませんが、インターネット閲覧中の危険サイトでの遮断処置がよく
作動します(決してHサイトばかりではないのですが…^^ゞ)。
以前のノートンではあまりなかった現象です。
遮断が発生した時点で、フルスキャンを掛ければ、例え感染していても
安心できます。
メールに仕込まれたウイルスの検出も非常に多くなってきた。これは機能
比較サイトでの公表とは逆の結果です。怪しいメールは開かずに削除する
癖がついている人は心配ないが、セキュリティソフトが自動分別してくれ
るので楽です。危ないのは添付ファイルだけではありません。開封するだ
けで感染するウイルスも存在します。
ESETはウイルススキャン時の性能劣化が少ないという評価が多いが、この
点は体感できない。ノートンも並走するアプリ動作に影響はなかった。

  機能比較サイト参考:http://thehikaku.net/security/hikaku.html


【補足】
 セキュリティソフトを使ってる場合は比較的安心ですが100%確実ではありません。
 ウイルスの侵入パターンベスト3は、①メールの添付ファイル、②悪意ネットサイト
 接続、③固定IPへのウイルス攻撃、が多い。個人ユーザの場合は①、②が殆どです。
 知人からのメールでも添付ファイルを開く時はウイルスチェックを掛ける事が大事。
 ネットサイトで公開されてるexcel等の業務用テンプレートでは本物のexcelファイル
 でも、ウイルスの付加したものがあります。それをダウンロードして自分で編集して
 もウイルス機能は生きている。それをメールで拡散するとウイルスは広がる。
 ビジネスサイトの運営者自身が気が付いていないので注意する必要がある。
 また、ウイルス添付ファイルの拡張子は見慣れたofficeファイルなどに偽装してある
 る場合が多い。wordに見えていてもウイルスアプリの場合があります。
 更に、メールの中に埋め込まれたURLは偽装編集が可能です。有名銀行のURLに見え
 て実際は全く異なるURLの場合があります。確認するには、怪しいURLにマウスをあ
 て右クリックでURLのコピーを行います。コピーしたURLをメモ帳などに張り付けて
 みてメールで表示してるものと同じか確認できます。この際、間違っても左クリック
 しないように!即時接続されてウイルスのダウンロードが始まります。表示と異なる
 URLは開かない方が安全です。メール文章が短く、行揃えがいい加減、文章が拙い、
 日本語になっていない等は誰でも怪しいと気づくが、中には高度なビジネス文章を使う
 悪意者もいます。



(1)ノートンとESETの機能比較
ノートンセキュリティにあって、ESETにない機能とその評価を列挙して
おきます。その他機能はカタログ上では同等と考えて問題ない。

①webサイト安全評価
アクセスするときに、あらかじめクラウドサーバーに集積されてる危険サイト
情報を参照してアクセス前に警告する機能がある。これはESETにはない機能。
この機能はウイルスバスターなども持っているはず。リスクを犯さず未然防御
する仕組みです。ESETの場合は攻撃された時点での防御機能になると思います。

 ※詳細は公表されていないが、バックグラウンドでの事前情報ダウンロード制御
  などを持たないと、URLへのアクセスレスポンスが落ちると思われる。

②データ保管機能
ノートンのプレミアムという最上位製品では、ユーザーファイルのオンライン
保管機能がある。セキュリティとは直接関係ない付加機能ですが、重要なファ
イルを保存しておくことが可能。ESETにはないが、保管方法は他にもたくさ
んあります。

③ID、パスワード保護
クレジットカード番号やパスワード等を登録しておくと、その文字列を送信
する非許可ソフトの動作を遮断する。ESETに同じ機能はないが、ユーザー
のバンキングURLを登録することで、それ以外のサイト(偽サイト)が行う
動作を遮断する機能があるので、同等の保護が可能。

④パソコン最適化
インターネット一時ファイルのクリアやディスクフラグメンテーション解消
などで、実行には手動キックが必要。元々、Windowsシステムが持ってる
機能でセキュリティとは直接関係ないもの。ただ、実行するメリットはある
ので機会が増えるという意味ではよいかも。

【補足】
 逆にESETしか持ってない機能に盗難対策機能がある、これは他社にはない。
 PC、スマホが盗まれたり、拾われたりした時に保護する。スマホには有効か。
 でも中身を見て落とし主に連絡できたというケースもありますね!


(2)ノートンとESETの価格比較
価格の差はけっこう大きいです。ほぼ同じ条件になるように比較します。

①ノートンセキュリティ(最上位プレミアム)
Windows/Mac/Android/iOSの中で最大5台までインストール可能
3年版価格=16000円(税込み/シマンテック販売サイト)
       ※2016年4月現在、amazonで3年5台版が販売されていないが
         販売されれば、¥12800程度か?

②ESETファミリーセキュリティ(標準)
Windows/Mac/AndroidのOSから最大5台までインストールが可能
(iphoneは未サポート)
3年版価格=4400円(税込み/amazon)

【補足】
 スマホのセキュリティソフトに、通信会社の有料ソフトを使ってる人は多い
 と思いますが、上記のようなセット商品の方がずっと安くなります。



以上は、カタログ上での比較ですが、やはり重要ポイントは実際にウイルス
を検知する能力です。検査機関によってやり方が異なるので一概に優劣判断
できないが、以下のサイトでは比較結果が公表されています。興味があった
ら参照してみてください。


以上
 
関連記事
スポンサーサイト



Comment







管理者にだけ表示を許可