FC2ブログ

東国の古代史

Top Page › 自転車ツーリング › 御荷鉾林道ツーリング(2日目)
2016-06-06 (Mon)  09:57

御荷鉾林道ツーリング(2日目)

2016年6月4日(土)~2日目

朝6時まで寝てしまい、出発は7時近く。
今日は本番なので、5時には出発するつもりでしたが・・・ ^^ゞ





東御荷鉾山と西御荷鉾山の中間にある「投げ石峠」です。
昔、鬼が石を投げたので石ころだらけになったと云われているが、なぜ投げた
のか定かでない。ふもとの藤岡市「鬼石町」の名前由来でしょう。
この峠は支線である東御荷鉾林道の起点でもあります。





西御荷鉾山直下の駐車場です。
今ではこうやって近くの駐車場から皆登りますが、私が子供の頃は鬼石から
の登山道ルートしかなく、一泊コースの山でした。
山肌が剥げている部分に大文字焼きがあります。
計画では、ここで野営して2日目には自宅まで帰る予定でした。






西御荷鉾山からは、等高線に沿った道が続いて坂も比較的なだらかです。





この御荷鉾林道は木がなければ、何処からも天空の林道なのですが、案外、
展望が少ないのが残念です。景色自体は落葉の秋冬のほうが勝ります。






塩沢峠に到着。
ここから藤岡市の最高峰、赤久縄山に向けて厳しい登りが始まります。
最初の700mは舗装されいてるが、以降はダートになります。
舗装路途中で初めて自転車乗りに会いました。
ロードレーサーなので県道46号線を下ると話していた。






46号線から分岐するとダートに入ります。
浮石の少ないよく締まったダートですが、斜度がきつい。
乱暴にローギヤを使うと後ろに石を弾いてしまいロスが大きい。
若い時登ったダートの感触というか、苦しさを思い出します。
再び押し歩きと乗車が半々に。






まわしを締めたおじさん。下ハンは苦しくて握れないのが悩み。^^
この腹じゃ登れないよな・・・


植林帯を抜け、ブナと白樺の林になりました。道は走りやすいが、ダート
にまだ慣れておらず疲労しました。
体力低下が一番ですが、自転車に載せた荷物の影響も大きいことを改めて
思い知らされた。






「みかぼ森林公園」内に入りました。
公園と名前は付いているが、冬期以外は熊が出没する危ない公園です。^^






途中にある展望台からの景色です。
スマホのパノラマを使ったが、設定を誤った。色合いが変ってしまいました。
右側の山が西御荷鉾山で直下を通ってきました。






雲が多くて遠景には赤城山があるはずですが全く見えません。



写真を撮り忘れたが、このあと直ぐに森林公園管理棟に到着します。
9:00~16:30時までは1名が常駐しています。
もし此処で水が補給できない場合は、今日のツーリングは中止でした。
4リットル持って出た水がもう残1リットルを切っています。
幸い、水が補給できたので助かりました。
沢の水ではなく大型の無菌パック製品なので安心です。

公園内のどこかで野営できるか聞いてみたら、
「熊が多いので野営は禁止になっています」ということだった。
多分、市役所の出張職員なので責任問題になる行為は容認できないのだろう。
ルールを守らない場合は自己責任ということですね。






公園から先の6kmくらいは等高線に沿った道で、ダートだが走りやすかった。
細かい砂利でタイヤにも優しい。
白樺とカラマツの緑が美しいです。





所々に休憩所が設置されています。
此処は藤岡市なので管理がしっかりしていますね。





赤久縄山です。林道からは僅かな登りで登頂できる。
道路はこの部分だけ舗装されていました。





ところどころにレンゲツツジが咲いています。







舗装も僅かで終わり、再びダートの登りになります。
杖楯峠の直前あたりが、この林道の最高点1467mです。
峠を過ぎると高度をぐんぐん下げていきますが、先程までの道とは違い、
荒れ放題という感じ。下り坂ですが乗車できる箇所は少なかった。

初めは写真程度だった浮石も次第に大きくなり、10cm径がごろごろ。
岩盤が露出しているところもある。
雨が降ると川になって小石は流され、大石だけが残るのだと思う。
タイヤが傷つき、サイドが裂けるのではないかと心配でした。
バウンドしたあとの後輪流れで転倒数回。

今回はタイヤの予備がない。ここは予備は持ったほうが良さそうです。
もし裂けたら歩いて帰るしかない。





この標識は多分何年も前のものだと思う。今は開通してるはず?
とりあえず行ってみる。
この場所は杖楯峠から下ってくるとT字路になっていて、左が八倉峠に向か
う道で写真の標識があり、右は下仁田方面となっている。
右折して下仁田に向かってしまうと御荷鉾林道から外れてしまいます。
不親切な案内なので気をつける必要がある。






八倉峠の道路崩落場所です。
2007年の台風で斜面が道路ごと崩れ落ちています。
アスファルトがスパっと切れている。
覗いてみると・・・













でも景色はとてもよい。






結局、崩落箇所に道路を掛けることはなく、新たに林道を開いたようです。
元々、無理な地形に造ってあったような気がします。
この工事で7年間も林道は寸断されていました。






八倉峠から先は舗装されており、埼玉県奥秩父の景色がとても良い。










上野村にあるスーパー展望台という場所です。
林道からは500mほど分岐した先にあります。
日本航空機が墜落した御巣鷹山方面や埼玉県奥秩父の山々が見えます。
あまり気持ちのいい天気なので、皆が働いている傍で1時間ほど昼寝です。
この時点で本日の帰宅は諦めています。まだ14時過ぎですが、たまには
必死で走らないツーリングもいいでしょう。^^


展望台は大きな構造物もあって熊は少ないと思い、野営するつもりだった。
でも植林している人が夕刻にバーベキューの準備を始めたので、野営地を
替えました。食物の匂いの残る場所での野営はとても危険です。





展望台から100mほど標高を下げた檜沢峠付近の道路端の野営地。
近くに鹿よけの柵があり、鹿の足あとだらけです。
今夜は雨の匂いがするのでフライシートも付けました。
思ったとうり夜半から朝まで本降りの雨。
深夜にはテントの周りで鹿が鳴いていました。





メニューは変わらない!疲労で食欲は全く無し。
カップラーメンは連続2食が限界。疲れた体には雑炊などのほうが胃に
優しいですね。

今朝、出発が遅れた時点で、追加泊の可能性を自宅にメールしておいた
ので助かった。この地は携帯電話の電波が全く届かない・・・



3日目に続く

関連記事
スポンサーサイト



Comment







管理者にだけ表示を許可