FC2ブログ

東国の古代史

Top Page › 自転車ツーリング › 御荷鉾林道ツーリング(3日目)
2016-06-06 (Mon)  11:06

御荷鉾林道ツーリング(3日目)

2016年6月5日(日)~3日目

朝5時に起きて濡れたフライシートの水を切って収納です。
疲れた体でテントの撤収は辛い。食欲なし。

雨は6時前には止みました。晴れ男健在です。
今日はこれから、上野村、南牧村を経由して下仁田に抜けます。
殆ど自転車は通らない緊張する道です。





人の体より大きな落石があちこちに。
雨が降ったあとは特に落石が多いようです。
見上げるとオーバーハングしてる。

塩之沢峠に向けて舗装路の高度を下げていくと300m近いトンネルが
あります。峠はトンネルになっているのかな?
まっすぐで出口が小さく見えているので、ライトを点灯せずに突入した
のが失敗。途中で平衡感覚をおかしくなり、危うく真っ暗闇で転倒する
ところでした。^^

トンネルを抜けると林道は県道45号線旧道に突き当り、左折すると直ぐ
にまた右へ分岐していきます。長くはないが、再び登りです。






南牧村に入ると再びダートが始まる。
走りやすそうと見えたのは入り口だけだった。






このトンネルの先の道はかなり荒れている。
群馬でも有名な過疎の村。管理された林道など無理というものか。
時間を短縮するために乗車で下ったので転倒数回。
自転車は傷だらけ。






まだ崩れたばかりで砂が流れている。雨で緩んだのかな。


途中で、熊スプレー缶が廃棄してあった。
アメリカ製の高価なカプサイシンスプレーをどんな状況で使ったのか
気になったが、じっとしてると怖い。
苦しい腹を縮めて下ハンに持ち替え、急いで下りました。^^;
写真を撮る余裕はなくなった。











南牧村大仁田に入りました。特有なこの地域の山容です。







大仁田ダムサイトへの入り口です。
ダム湖まで上がれますが、緊張で体がこわばり登れません。
ブレーキを使いっぱなしで握力も出ない。
自転車のカンチブレーキは品質の高いものに替えないと駄目だ。








このダムの下流から南牧村「勧能」へ向かう予定でしたが通行止めになって
いました。以降は短縮ルートになります(ルートラボは訂正してありません)。
勧能が林道の正式終点なので、残念ですが正確には全線走破出来ませんでした。





南牧村奥ノ萱集落の沢。狭い防護河川に土石流で運ばれた石がごろごろ。
庭石にしたいような何トンもある立派な石ばかり。






あとは下仁田まで快適な道路を下って行きます。






下仁田で有名な餃子の店ですが営業していません。
夜だけの営業かな?のれんは出ているが「本日休みます」と表に書いてある。
何れにしろ、こういう店は朝から開きませんよね。

緊張が解けて一気に食欲が出てくるが食べるところがありません。
ハンガーノックのまま高崎へ向かいます。



※今回の行程では、宿泊したので水7リットルを消費しました。
 気温は最大20度でしたが、今後、気温が上がると消費量も増える
 ので、日帰りでも補給可能か確認が必要と思います。
 みかぼ森林公園管理棟
 〒375-0047 群馬県藤岡市上日野
  0274-25-9811




関連記事
スポンサーサイト



Comment







管理者にだけ表示を許可