FC2ブログ

東国の古代史

Top Page › PCソフトウェア › ブログ記事の復元
2018-01-06 (Sat)  12:16

ブログ記事の復元

最近、自宅のLANルーターの調子がおかしい。
無線LANの場合は問題ないが、有線で接続すると時間帯によって接続が
不安定になる。

ところで、ネットワーク接続が不安定な状態で、昔のブログ記事を参照中
記事を壊してしまった事がある。画像以外のテキストが殆ど消えていた。
記事のテキスト文書はバックアップしていないので古い記事だと復元は
能です。諦めていました。
しかし念のためと思い、壊れた記事を非公開にしてから、Yahooで記事の
標題で検索してみた。そしたら運良くまだキャッシュに残っていました。
キャッシュから記事を取り出し、壊れた記事に上書きして復元する事がで
きました。

※ここでいうキャッシュはパソコン上のインターネット一時ファイルのことではありません。
 インターネット上にある検索企業やプロバイダ企業が高速化のために設置してるサーバー
 に有るキャッシュです。

ご存知の方もいると思いますが、キャッシュサーバーの内容は自動更新クロ
ーラーという機能が定期的に巡回しながら本体データより古いものは削除し
ていきます。キャッシュサーバーへの巡回頻度はどのくらいなのかよく知り
ませんが、かなり低いようです。
今回は残ってた事で役に立ちましたが、逆に削除した記事がいつまでもキャ
ッシュに残っていて困る場合もあります。記事をインターネット上に公開す
る時は、そのことも意識しておく必要がありますね。

因みに、検索をかけた時、見つかったものがキャッシュなのか本体なのか
は以下の表示でわかります。




上はキャッシュであり、下は本体データです。
なお、自分の記事を非公開設定にしておかないと、検索時に「キャッシュ」
表示されていても、アクセスすると最新のデータがダウンロード
ます。本体の更新時間とキャッシュ格納時間は紐付けされており、チェック
されてるからでしょう。本体が削除(非公開)となって、キャッシュの
在する場合に取り出されるということですね


関連記事
スポンサーサイト



No title * by おじゃる2
記事を見て検索で同じようにして見たらキャッシュ済みというのが有って開くと記事は見られますが、それを復元するなんて思いも付きませんでした。

先日年賀状でキンドル本をアップして有りますなんてのが有りましたが何だか分からずに検索かけましたが(;^ω^)
勉強に成ります。

No title * by 形名
> おじゃる2さん、こんばんは。
ブログサーバは皆同じだと思いますが、記事を投稿した
時に本来の格納スペースとは別に、早く取り出せるキャッシュ
サーバーという場所に、同じデータを格納してるようですね。
本体データを更新する時も同じ処理が入るはずですが、例えば
サーバの負荷が高いような時はパスされる場合もあるようです。
従って不一致の場合もあって、そのような時はクローラーが
キャッシュを削除します。ですから復元はできたとしても最新の
ものが復元できない場合もあるかも知れませんね。
確実ではないですが、万が一文書を壊したら、その記事を非公開
にしてから検索してみてください。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

記事を見て検索で同じようにして見たらキャッシュ済みというのが有って開くと記事は見られますが、それを復元するなんて思いも付きませんでした。

先日年賀状でキンドル本をアップして有りますなんてのが有りましたが何だか分からずに検索かけましたが(;^ω^)
勉強に成ります。
2018-01-06-17:27 * おじゃる2 [ 編集 * 投稿 ]

No title

> おじゃる2さん、こんばんは。
ブログサーバは皆同じだと思いますが、記事を投稿した
時に本来の格納スペースとは別に、早く取り出せるキャッシュ
サーバーという場所に、同じデータを格納してるようですね。
本体データを更新する時も同じ処理が入るはずですが、例えば
サーバの負荷が高いような時はパスされる場合もあるようです。
従って不一致の場合もあって、そのような時はクローラーが
キャッシュを削除します。ですから復元はできたとしても最新の
ものが復元できない場合もあるかも知れませんね。
確実ではないですが、万が一文書を壊したら、その記事を非公開
にしてから検索してみてください。
2018-01-06-18:15 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]