FC2ブログ

東国の古代史

Top Page › エンタテイメント › ♪フォーク › The Ship is Coming
2019-05-26 (Sun)  13:26

The Ship is Coming

森田童子




ねぇ君
寒い夜の海を泳いでみませんか
息がハッハッ 詰まりそうだ
体ジンジン しびれる
時々燈台のひかりが
ぼくを照らしてくれる
ぼくは孤独に
クロール クロール
 
ねぇ君
遠く霧笛が聞こえませんか
大きな旅客船くるぞ
船の上で誰か手をふる
クリスマスツリーのよう
きーらきらきら目がくらむ
ぼくは水にもぐって
クロール クロール
 
「ああ、なんて 明るいんだ
まるで夏休みの臨海学校の
新しいシーツをかぶった時みたいだ」
 
ねぇ君
夏の海へ行ってみませんか
船がぼくを越えてゆく
明るく くらくら目が痛い
ここは夏の昼下り
砂浜も遠くも見えるぞ
ばくは夏に向かって
クロール クロール
 
ねぇ君
去年の海へ行ってみませんか
君が浜辺にねそべって
ぼくはサングラスをとる
浜ナスの花も咲いてる
ああ とても暑いね
ぼくは君とならんで
クロール クロール
 
「ああ、なんて暗いんだ
ぼくはずっとひとりで
夜を歩いていたのですね」
 
ねぇ君
夏の海が動いてゆくよ
船が旋回しているよ
まるで夕立雲みたい
夜と昼が二つに割れて
夜にとり残された
ぼくは孤独に
クロール クロール
 
「ああ、これで真暗です」

関連記事
スポンサーサイト