FC2ブログ

東国の古代史

Top Page › 果樹栽培 › ブドウ苗の植付け『ナイアガラ』
2017-02-25 (Sat)  16:19

ブドウ苗の植付け『ナイアガラ』

ブドウ苗を購入してから、早1ヶ月が過ぎてしまった。
当初は直ぐに植える予定だったが、今年の冬は寒波のせいで寒さが厳しい。
植え込む時に水を使うので凍ってしまいそうで延期してました。

しかし、2月末の暫くは氷点下にはならない予想なので植え込み実行です。
何しろ初めてのブドウ栽培なのでよく分からん事が多い。



※スマホカメラの自動明暗調整が壊れているので画質がとても悪いです。

↑はるばる岡山県の業者から取り寄せたブドウ苗です。苗鉢が乾いている
ようなので一回水分を与えました。枯れてはいないようです。




↑ブドウの品種はナイアガラ(ナイヤガラ?)です。
アメリカで作られた品種らしく、ワイン用ですが熟すと独特の甘い香り
します。昔、おふくろが作ってた事がありました。
懐かしさもあるが、この種は非常に耐寒性が強く、素人が作るのに向いて
いるそうです。一応、接木苗ということですが私にはよく分かりません。




↑植える前に、苗鉢から出して土を丁寧に落とし、1時間ほど水に浸けて
おきます。この植え方は真冬用です。暖かくなってから植える場合は苗鉢
から出してそのまま植えるそうです。




↑その間に植え穴の準備です。植付けは実家の庭にしました。
観察には自宅の庭が便利ですが、狭くてブドウ棚を作るスペースがない。^^ゞ

棚は25φ金属管が実家にあったのでこれを流用します。
材料を置いて大体の植付け位置を決めてしまいます。
実際にブドウ棚を設置するのは根付いてからにしようと思います。
柱は単管48φ2mを6本くらい買ってきて作る予定ですが、細かい誘導線
どうするか、まだ考えていません。




↑通常は直径、深さとも50cmくらいの穴でよいらしい。
実家の土地は低湿で粘土質なので少し大きめに掘りました。
非常に硬いので70cm四方ですが、50cmも掘ると黒い粘土になる
ので深さは60cmくらいです。




↑堆肥と庭土で植え込み用の土を作ります。比率は適当です。
しかも果樹なのに安い野菜堆肥です。^^ゞ





↑庭土、鹿沼土、赤玉土の混合土は1月に作っておきました。
鹿沼土の比率が高いと固くなりにくい。ブドウは水ハケの良い土が
適してるようです。




↑この混合土に堆肥を混ぜ込みます。




↑堆肥が入るとサラサラがフカフカした感じに変わります。




↑植え穴が大きくて、堆肥混合土が足りないので半分くらいは掘った土を
細かく砕いて戻します。つまり耕しただけ。




その上に堆肥混合土を入れていきます。高植えする予定なので穴は
殆ど埋まっています。




↑途中、中央部分に粒状の油かす発酵肥料を入れておきました。
バラ用の肥料が余っていたので流用です。窒素分は控えた方がいいのかな?
根に直接当たらないように、この上に5cmほど堆肥混合土をかぶせます。




↑良い根なのか私には分かりません。初めて見ました。生きていること
確かです。なるべく根は伸ばした状態で植わるように絡んだ根を丁寧
ほぐしておきます。




↑接ぎ木部分を埋めてはいけないらしいので写真の位置にしました。
根をきれいに植えるには一人が根本を持ち、もう一人が土をかぶせていく
ほうが上手くできそうです。今さら言っても遅いけど。




↑高植えしたので、土が流れなように、また土を踏んで押し固めない
ようブロックで囲んでいます。








↑水鉢を作って水をやります。植え付け時はたっぷりやるらしいが、
凍らないか心配です。住所は風が非常に強く、乾燥が激しいので、この後に
ワラの代わりにビニールで簡易マルチにしておきました。





↑最後に忘れてはいけないのが植付け時剪定。各節の曲がりが芽だと思う
ので5つの芽を残し、根本から50cmくらいで思い切りよくカット。
強い風が吹くので支柱にはゴムひもで結んでおきます。

これで根付いて春に新芽が出てくれると良いのですが・・・
近日中にもう一本、ベリーAかキャンベルを植える予定です。




関連記事
スポンサーサイト



No title * by HBS
ブドウの植え付け無事完了されましたね、品種は黄緑色で中粒のアメリカ産の「ナイアガラ、調べ見ると9上旬から中旬にかけて成熟する様です、色付きのブドウと比べると成熟の過程が若干難しいかな・・・(試食でわかりその後の経験で分かる)
そして、接木苗がベストです、ブドウの根にはアブラムシの一種が寄生する事があるので、この害虫に抵抗力をもった台木に苗を接木するのです。
広いお庭なので「自然型」(一般の農家栽培)仕立てですね、ブドウの木の特性に最も適合した栽培方法と思います。
最後の写真、剪定の切り口見るに「元気」そうで真ん中の芯の形も丸く良い苗と思いました。

No title * by HBS
肥料、窒素分の件ですが、一般的に窒素は枝葉にリン酸は果実にカリはジャガイモ等地中に効くと言われますから、窒素を与えすぎると成育が止まる頃、秋遅くまで伸び続けて充実(木の体力を復活)不良となりがちです。
調べてみますと
春発芽してきたら市販の化学肥料N-8 P-8 K-8)100gを根元から約20Cm以上離して50Cm以内の場所にばらまき、軽く耕す、その後元気良く伸びる様なら今年の施肥はこの一回だけで充分と記載されていました。
春の芽生え楽しみにしています。

No title * by HBS
もう一本の件ですが、我が家は3品種でそれぞれ成熟期(収穫時期)が違い、長い日数で楽しめます。
お分かり、ご存知事ですが、ナイアガラの成熟期を外した時期の品種が良いのではと思います。
二本もあれば、繁忙期の五月が忙しくなりますょ。

No title * by 形名
> HBSさん、こんにちは。

はい、おかげさまで植え込みは終わりました。
でも土地質が良くないので根付くかちょっと心配ですね。
今更気づいたのですが、比較的強い品種と言っても、ブドウは
害虫や病気も多いらしくてあまり期待はしないほうがいいかも
知れませんね。^^
おふくろが、草花や果樹が好きでブドウも植えていたのですが、
長くは続かなかったようです。土地柄なのか、カミキリムシや
スカシバ?が多いです。先日も近くのヒメリンゴの根元にオガ
クズみたいなやつが落ちてたので、やられてる可能性があります。
まぁHBSさんに教えて貰いながら見守るしかないですね。

苗木の切り口でも苗の状況が分かるのですか。すごいですね。
農協経営の花木流通センターが近くにありますが、ナイアガラ
だけは貧相な苗ばかりでした。他のキャンベルとか巨峰は太くて
立派なんですがね。この苗も見た目は今一に見えたのですよ。

No title * by 形名
> HBSさん

今後の肥料の件、了解です。
そうか収穫期のことは考えていませんでした。
捕らぬ狸の何とやらですが、ちょっと調べてみます。
マスカットとか巨峰は難しいと聞いてるので初めから
候補に入れていないのですよ。

No title * by HBS
「今一に見えたのですよ」とは、どこを見られたのか知りませんが、軸が太ければ良いのでなく、もし比較されるのなら同じ品種鵜の軸を比べて下さい、大粒品種の方が軸は太いです。
外見で見るのは、節と節の間隔が短い方が間延びしていないので、良い苗と言えます、後は木肌等ありますが切断面を見れば、芯即ちズイなのですが「小さく真円」なのが良い苗と言われています。
お伝えしたいのは、カミキリムシにはカミキリムシ退治用の駆除スプレー缶が売っています。
我が家のイチジクに使用しています、良い効果が出ています。

No title * by 形名
なるほど、品種でも苗の形態は違うのですね。
確かにカット面のズイは小さく丸かったです。
傷んでる訳ではないんだ。希望が持てますね。^^

昔、実家のイチジクもカミキリ虫にやられました。
住友園芸のキンチョールですよね。よく観察するよう
します。

No title * by いさっち
ブドウ栽培頑張ってください。
ブドウは強いので大丈夫だと思います。今年は4~5mは徒長すると思うので剪定を上手くやったらもしかして再来年には収穫出来る様になるかもですね。

屋根が無いなら露地栽培向きの巨峰とかはそれほど難しくないですよ。 高級品種の4倍体ブドウでも傘を掛けたり袋を適正に掛けられればピオーネとかなら収穫まで行けます。 その他の品種(シャインマスカットやクイーンニーナ、赤嶺、藤稔、最新品種クイーンセブン等々大人気で激ウマ品種もそれが出来ないかおいらもチャレンジ中です。(^^;)

お互い頑張りましょうね( ´∀`)bグッ!

No title * by 形名
いさっちさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
いさっちさんは、本格的に栽培してるって感じですね。
植え方も初めてみるやり方です。近代農法なのかな?!
シャインマスカットや巨峰はちょっとハードルが高いって
何処かで読んだので、初めてですから簡単な品種にしました。
高級種もそんなに難しく無いですか。^^
まあ、自分と家族で味見できれば良いので、病気にならずに
何房か収穫できれば満足なんですよ!
栽培のやり方を参考にさせていただきますので、宜しくお願い
します。

No title * by exうりぼう
ナイアガラは良いですねー・・熟すと香りが良くあめ色に輝いて素敵です・・実りのUPを楽しみにしています。

我が家も本年度から葡萄を計画・品種はヒムロットフローレンスとスチューベンをそれぞれ2本ずつ雨よけ栽培を予定しています。

No title * by 形名
うりぼうさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ナイアガラは私が子供のころ(大昔です!)、母親が実家の敷地
で作っていたんですよ。最近の噛み切れるタイプのブドウと違い
メジャーではないけど、美味しいですよね。
この葡萄は潰れやすく、流通には向かないので、ぶどう狩り等
では食べることができますが、八百屋には出ないですね。
ヒムロットフローレンスは知らないのですが、スチューベンも
大好きです。私は初めてでして、雨除け栽培も知らないのですが
是非記事にしてください。参考にさせて頂きます。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

ブドウの植え付け無事完了されましたね、品種は黄緑色で中粒のアメリカ産の「ナイアガラ、調べ見ると9上旬から中旬にかけて成熟する様です、色付きのブドウと比べると成熟の過程が若干難しいかな・・・(試食でわかりその後の経験で分かる)
そして、接木苗がベストです、ブドウの根にはアブラムシの一種が寄生する事があるので、この害虫に抵抗力をもった台木に苗を接木するのです。
広いお庭なので「自然型」(一般の農家栽培)仕立てですね、ブドウの木の特性に最も適合した栽培方法と思います。
最後の写真、剪定の切り口見るに「元気」そうで真ん中の芯の形も丸く良い苗と思いました。
2017-02-26-15:33 * HBS [ 編集 * 投稿 ]

No title

肥料、窒素分の件ですが、一般的に窒素は枝葉にリン酸は果実にカリはジャガイモ等地中に効くと言われますから、窒素を与えすぎると成育が止まる頃、秋遅くまで伸び続けて充実(木の体力を復活)不良となりがちです。
調べてみますと
春発芽してきたら市販の化学肥料N-8 P-8 K-8)100gを根元から約20Cm以上離して50Cm以内の場所にばらまき、軽く耕す、その後元気良く伸びる様なら今年の施肥はこの一回だけで充分と記載されていました。
春の芽生え楽しみにしています。
2017-02-26-15:53 * HBS [ 編集 * 投稿 ]

No title

もう一本の件ですが、我が家は3品種でそれぞれ成熟期(収穫時期)が違い、長い日数で楽しめます。
お分かり、ご存知事ですが、ナイアガラの成熟期を外した時期の品種が良いのではと思います。
二本もあれば、繁忙期の五月が忙しくなりますょ。
2017-02-26-16:06 * HBS [ 編集 * 投稿 ]

No title

> HBSさん、こんにちは。

はい、おかげさまで植え込みは終わりました。
でも土地質が良くないので根付くかちょっと心配ですね。
今更気づいたのですが、比較的強い品種と言っても、ブドウは
害虫や病気も多いらしくてあまり期待はしないほうがいいかも
知れませんね。^^
おふくろが、草花や果樹が好きでブドウも植えていたのですが、
長くは続かなかったようです。土地柄なのか、カミキリムシや
スカシバ?が多いです。先日も近くのヒメリンゴの根元にオガ
クズみたいなやつが落ちてたので、やられてる可能性があります。
まぁHBSさんに教えて貰いながら見守るしかないですね。

苗木の切り口でも苗の状況が分かるのですか。すごいですね。
農協経営の花木流通センターが近くにありますが、ナイアガラ
だけは貧相な苗ばかりでした。他のキャンベルとか巨峰は太くて
立派なんですがね。この苗も見た目は今一に見えたのですよ。
2017-02-26-16:46 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]

No title

> HBSさん

今後の肥料の件、了解です。
そうか収穫期のことは考えていませんでした。
捕らぬ狸の何とやらですが、ちょっと調べてみます。
マスカットとか巨峰は難しいと聞いてるので初めから
候補に入れていないのですよ。
2017-02-26-16:53 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]

No title

「今一に見えたのですよ」とは、どこを見られたのか知りませんが、軸が太ければ良いのでなく、もし比較されるのなら同じ品種鵜の軸を比べて下さい、大粒品種の方が軸は太いです。
外見で見るのは、節と節の間隔が短い方が間延びしていないので、良い苗と言えます、後は木肌等ありますが切断面を見れば、芯即ちズイなのですが「小さく真円」なのが良い苗と言われています。
お伝えしたいのは、カミキリムシにはカミキリムシ退治用の駆除スプレー缶が売っています。
我が家のイチジクに使用しています、良い効果が出ています。
2017-02-26-19:28 * HBS [ 編集 * 投稿 ]

No title

なるほど、品種でも苗の形態は違うのですね。
確かにカット面のズイは小さく丸かったです。
傷んでる訳ではないんだ。希望が持てますね。^^

昔、実家のイチジクもカミキリ虫にやられました。
住友園芸のキンチョールですよね。よく観察するよう
します。
2017-02-26-19:49 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]

No title

ブドウ栽培頑張ってください。
ブドウは強いので大丈夫だと思います。今年は4~5mは徒長すると思うので剪定を上手くやったらもしかして再来年には収穫出来る様になるかもですね。

屋根が無いなら露地栽培向きの巨峰とかはそれほど難しくないですよ。 高級品種の4倍体ブドウでも傘を掛けたり袋を適正に掛けられればピオーネとかなら収穫まで行けます。 その他の品種(シャインマスカットやクイーンニーナ、赤嶺、藤稔、最新品種クイーンセブン等々大人気で激ウマ品種もそれが出来ないかおいらもチャレンジ中です。(^^;)

お互い頑張りましょうね( ´∀`)bグッ!
2017-02-27-17:51 * いさっち [ 編集 * 投稿 ]

No title

いさっちさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
いさっちさんは、本格的に栽培してるって感じですね。
植え方も初めてみるやり方です。近代農法なのかな?!
シャインマスカットや巨峰はちょっとハードルが高いって
何処かで読んだので、初めてですから簡単な品種にしました。
高級種もそんなに難しく無いですか。^^
まあ、自分と家族で味見できれば良いので、病気にならずに
何房か収穫できれば満足なんですよ!
栽培のやり方を参考にさせていただきますので、宜しくお願い
します。
2017-02-27-19:25 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]

No title

ナイアガラは良いですねー・・熟すと香りが良くあめ色に輝いて素敵です・・実りのUPを楽しみにしています。

我が家も本年度から葡萄を計画・品種はヒムロットフローレンスとスチューベンをそれぞれ2本ずつ雨よけ栽培を予定しています。
2017-03-04-18:45 * exうりぼう [ 編集 * 投稿 ]

No title

うりぼうさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

ナイアガラは私が子供のころ(大昔です!)、母親が実家の敷地
で作っていたんですよ。最近の噛み切れるタイプのブドウと違い
メジャーではないけど、美味しいですよね。
この葡萄は潰れやすく、流通には向かないので、ぶどう狩り等
では食べることができますが、八百屋には出ないですね。
ヒムロットフローレンスは知らないのですが、スチューベンも
大好きです。私は初めてでして、雨除け栽培も知らないのですが
是非記事にしてください。参考にさせて頂きます。
2017-03-04-19:35 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]