FC2ブログ

東国の古代史

Top Page › 花栽培 › 留守の間狙いの害虫さん
2017-05-05 (Fri)  19:33

留守の間狙いの害虫さん

一週間ほど外出していて、植木のメンテナンスを休んでいたが、行ってみると
酷いことになっていました。

先月、テッポウ虫に食い荒らされて枯死を予想していたヒメリンゴに花が咲き、
それならと、テッポウムシの穴を探して針金グリグリと殺虫剤で退治した。
上手くいったようで、その後、おが屑状の糞は出てこない。
やれやれと思ったのも束の間、今度はハマキムシ(葉巻虫)が大発生してます。
しかも全ての枝に症状が出始めている。













手の届く範囲は捕殺したが、とても間に合わない。
巻いた葉の中には既にいないので散ってしまったようだ。
放っておけば今度こそ枯死するだろう。
本当に弱いというか、害虫が大好きな植物だと感心する。
毎年何らかの害虫が付くので、よっぽど美味しいのかも知れない。

他の花木も点検すると、ウツギと、日陰を作るために植えてあるネズミモチ
若葉にまで巻いた葉が見つかった。


幸い、ぶどう苗は無事でした。









殺虫剤は嫌いですが、他の木に移る前に対処しなければ。
そこで、ホームセンターでオルトラン水和剤を購入してきて散布した。






この農薬は、果樹には収穫前1回だけに制約されている。
「浸透移行性」とあるから、虫に直接効くのではなく、葉に吸収されて、
食べられて効くタイプだろう。残留性があるということだ。
効くまでにディレイがあるので果たして間に合うか?
低木なら即効性薬剤だが、すでにハシゴを使っても先端には届かない。

そういえばポピュラーなオルトラン粒剤も根本地面に撒くタイプでした。
観賞花木ならいいが、口に入る果樹には絶対使いたくない代物ですね。




花を咲かせ終わったツバキやサザンカも一斉に若葉が出てきたので、
そろそろかと見たら、やっぱりいました。チャドクガです。






もうタマゴから孵って小さな幼虫になってる。
タマゴを産み付けてる親のガまでいました。
6~7本あるツバキ全部をチェックして、タマゴや幼虫の付いた葉を切り
落としてマシン油で殺します。
葉の裏側なので見落とさないように注意が必要です。

ご存知のようにチャドクガ幼虫の毛は猛烈なアレルギーを引き起こすので
苦手です。羽化した後、1年たっても葉に付着していれば発症するので恐ろしい。
だからツバキに触る時は風上に立ち、顔を離して素手では絶対に触りません。



庭木は普段のまめな観察が重要ですね。
たまに様子を見る程度では手遅れになりやすい。
留守を狙われてるようで、5~6月は目を離せません。



気持ち悪いものを見せたので口直しにツツジ、サツキの花でも。
小さな木ばかりですが、3本が咲き始めました。














最後のは赤サツキ?ですが、明るい赤ではなくてバラのように赤黒い。
ちょっと珍しい色だと思います。残念ながら、私のカメラでは赤飽和を
起こして本当の深みのある色が出ません。
関連記事
スポンサーサイト



No title * by koby
なんか大変なんですねぇ、ヒメリンゴ。
我が家は茄子やトマトですら収穫する前に
枯らしてしまった前科持ちなので
きちんと甲斐甲斐しくお世話している小熊さん、
偉いなぁ、と思いますです^ ^

No title * by 形名
> kobyさん、こんばんは。

バラ科の植物には、サクラやモモ、リンゴなどがありますが、
みな毛虫に弱いですね。よほど美味しいのでしょう。
実家にある木は殆どお袋が植えたモノなので枯らすと怒られます
からね!最近の事は直ぐ忘れるが昔のことはよく覚えているの
で誤魔化せないのです。^^;
私は面倒くさがりなので野菜は駄目です。野菜こそ手が掛かるし、
お金も掛かりますよー。

No title * by bi~no2
ツツジ・・・?ヨウ判りませんケド。

No title * by HBS
おはようございます、実家のお庭が大変な事になっていますね、でも「付けが廻って来た」と言う事でしょう(辛口で申し訳ございません)、ヒメリンゴ育てた事はありませんが、イチジクには芽が出始める頃に、特にカマキリ虫対策でスミチオン乳剤を幹、枝等に散布しています。甘い果実系の木は虫にとっても美味しいのでしょうね。
ぶどう、順調にそだっていますね、元気の良い葉っぱ、色も良く、ただ「ナイアガラの巻きひげ」早めの取り除きが必要です。
そうですね、私も葉野菜は無農薬で育てていますが、これからの季節で虫食い等(今は毛虫が多いい)害虫発生が多くなのにつれて、葉野菜は栽培中止と自然になります。
お母様が植えられた「サツキ」なのでしょうが、ツツジ(中輪以上)に比べ、気品のある花ですね。

No title * by 形名
> bi~no2さん、こんばんは。

葉っぱの特長から薄ムラサキのやつは確かにツツジですね。
最初のピンクと最後の赤は私にもよく分かりません。
葉はどちらも小さくて光沢があります。ただ、一般的に花の
咲く時期や花の大きさからするとサツキとするのは疑問も
ありますね。花木センターなどへ行くと今は交雑種も沢山
あるので、そういうやつかも知れません。

No title * by 形名
> HBSさん、こんばんは。

実家でも昔イチジクの大きな木がありましたが、カミキリムシ
にやられて枯れたような気がします。こちらでは、この虫が多い
のでブドウが心配なんですよね。5月の末になったら根本だけで
も網戸素材をテープにして巻こうと思ってます。
ブドウは伸びて来ましたがナイヤガラはベリーAに比べると少し
成長が遅いですね。酷い渇水時期は過ぎたので、今は水やりも
控えめにしてます。巻きひげはカットしようと思います。
今後、支柱との結束は何を使おうか考えてます。プロの人は専用
のテープを使ってるようですがホッチキス付きだと高いですね。
オルトラン水和剤は殺虫ですが、ブドウには使用せず、できれば
捕殺対応で。菌類にはベンレート水和剤が準備してあります。
ただ、病気が出る前がいいのか、後対応なのかが悩みですね。

No title * by HBS
今晩は、早速ですが
「支柱との結束」私は100円ショプのビニール紐(よってない紐)を昔から使用(棚と新梢にも)しています、面倒であれば専用テープですかね。
そして、殺菌消毒の件ですが、私の思いでは「理想論」では現在の、我々家庭栽培(ハウス栽培等特別な栽培方法以外)は天然にさらしているので、必要で事前散布が良いと思いますょ、状態に寄りますが手遅れになり兼ねません。

No title * by 形名
> HBSさん
普通の撚りのない紐ならあるのですが、これにしましょうかね。
横に這うようになれば、それ程気を使わないのですが、縦に伸び
る時期はズレ落ちがあるので結びを工夫してみます。

薬は予防ですか。介護も今は予防介護の時代ですからね。^^
当面収穫はないので、今月、ベンレートの一回目予防をやって
みます。苗が小さいうちは手遅れ=全滅ですからね。

No title * by いさっち
ブドウの木は冬に剪定の為に支柱から外す可能性も有るため毎年やり直す様においらは麻紐で縛ってますよ(^_^;)

No title * by 形名
> いさっちさん、こんにちは。

冬の剪定時は外してやるんですか。大規模にやるんですね。
麻ひもは自然素材なので樹には良いかも知れません。
※只今、家族の介護が忙しくなってしまい、休止しております。
また再開したら伺いますよ。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

なんか大変なんですねぇ、ヒメリンゴ。
我が家は茄子やトマトですら収穫する前に
枯らしてしまった前科持ちなので
きちんと甲斐甲斐しくお世話している小熊さん、
偉いなぁ、と思いますです^ ^
2017-05-05-20:44 * koby [ 編集 * 投稿 ]

No title

> kobyさん、こんばんは。

バラ科の植物には、サクラやモモ、リンゴなどがありますが、
みな毛虫に弱いですね。よほど美味しいのでしょう。
実家にある木は殆どお袋が植えたモノなので枯らすと怒られます
からね!最近の事は直ぐ忘れるが昔のことはよく覚えているの
で誤魔化せないのです。^^;
私は面倒くさがりなので野菜は駄目です。野菜こそ手が掛かるし、
お金も掛かりますよー。
2017-05-05-23:00 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]

No title

ツツジ・・・?ヨウ判りませんケド。
2017-05-06-08:38 * bi~no2 [ 編集 * 投稿 ]

No title

おはようございます、実家のお庭が大変な事になっていますね、でも「付けが廻って来た」と言う事でしょう(辛口で申し訳ございません)、ヒメリンゴ育てた事はありませんが、イチジクには芽が出始める頃に、特にカマキリ虫対策でスミチオン乳剤を幹、枝等に散布しています。甘い果実系の木は虫にとっても美味しいのでしょうね。
ぶどう、順調にそだっていますね、元気の良い葉っぱ、色も良く、ただ「ナイアガラの巻きひげ」早めの取り除きが必要です。
そうですね、私も葉野菜は無農薬で育てていますが、これからの季節で虫食い等(今は毛虫が多いい)害虫発生が多くなのにつれて、葉野菜は栽培中止と自然になります。
お母様が植えられた「サツキ」なのでしょうが、ツツジ(中輪以上)に比べ、気品のある花ですね。
2017-05-06-10:14 * HBS [ 編集 * 投稿 ]

No title

> bi~no2さん、こんばんは。

葉っぱの特長から薄ムラサキのやつは確かにツツジですね。
最初のピンクと最後の赤は私にもよく分かりません。
葉はどちらも小さくて光沢があります。ただ、一般的に花の
咲く時期や花の大きさからするとサツキとするのは疑問も
ありますね。花木センターなどへ行くと今は交雑種も沢山
あるので、そういうやつかも知れません。
2017-05-06-20:28 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]

No title

> HBSさん、こんばんは。

実家でも昔イチジクの大きな木がありましたが、カミキリムシ
にやられて枯れたような気がします。こちらでは、この虫が多い
のでブドウが心配なんですよね。5月の末になったら根本だけで
も網戸素材をテープにして巻こうと思ってます。
ブドウは伸びて来ましたがナイヤガラはベリーAに比べると少し
成長が遅いですね。酷い渇水時期は過ぎたので、今は水やりも
控えめにしてます。巻きひげはカットしようと思います。
今後、支柱との結束は何を使おうか考えてます。プロの人は専用
のテープを使ってるようですがホッチキス付きだと高いですね。
オルトラン水和剤は殺虫ですが、ブドウには使用せず、できれば
捕殺対応で。菌類にはベンレート水和剤が準備してあります。
ただ、病気が出る前がいいのか、後対応なのかが悩みですね。
2017-05-06-20:50 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]

No title

今晩は、早速ですが
「支柱との結束」私は100円ショプのビニール紐(よってない紐)を昔から使用(棚と新梢にも)しています、面倒であれば専用テープですかね。
そして、殺菌消毒の件ですが、私の思いでは「理想論」では現在の、我々家庭栽培(ハウス栽培等特別な栽培方法以外)は天然にさらしているので、必要で事前散布が良いと思いますょ、状態に寄りますが手遅れになり兼ねません。
2017-05-06-21:51 * HBS [ 編集 * 投稿 ]

No title

> HBSさん
普通の撚りのない紐ならあるのですが、これにしましょうかね。
横に這うようになれば、それ程気を使わないのですが、縦に伸び
る時期はズレ落ちがあるので結びを工夫してみます。

薬は予防ですか。介護も今は予防介護の時代ですからね。^^
当面収穫はないので、今月、ベンレートの一回目予防をやって
みます。苗が小さいうちは手遅れ=全滅ですからね。
2017-05-06-23:53 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]

No title

ブドウの木は冬に剪定の為に支柱から外す可能性も有るため毎年やり直す様においらは麻紐で縛ってますよ(^_^;)
2017-05-15-13:01 * いさっち [ 編集 * 投稿 ]

No title

> いさっちさん、こんにちは。

冬の剪定時は外してやるんですか。大規模にやるんですね。
麻ひもは自然素材なので樹には良いかも知れません。
※只今、家族の介護が忙しくなってしまい、休止しております。
また再開したら伺いますよ。
2017-05-16-16:51 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]