FC2ブログ

東国の古代史

Top Page › 果樹栽培 › ブドウ誘引
2018-05-06 (Sun)  17:54

ブドウ誘引

下の写真はマスカット・ベリーAです。
ブドウの新梢が上を向いて伸びて困っています。




放っておいても強風で折れてしまうので、今日はナイヤガラの方だけ強引に
誘引しました。風で7~8本、誘引失敗で5~6本は折りました。
冬のうちに一年目の母枝を固定し直せば多少は回避できたかも知れませんが、
発芽位置を見極めるのは私には難しいでしょう。
新梢が60~70cmくらいになれば根本が少し丈夫になってくるようなので、
また日を改めて行おうと思います。マスカット・ベリーAナイヤガラより
も成長速度がゆるいので、もう少し伸びてから誘引します。

ナイヤガラの花穂は結構大きくなりました。まだ花穂の整理が終わっていない
ので、新梢に複数の花穂が付いてます。






自然発芽の「ヤマブドウ」改め「ノブドウ」です。




植え直した時は50㎝くらいでしたが、もう2mくらい伸びてます。
今日は仮の支柱を立ててやりましたが、もう少し大きくしないと間に合い
そうもない。

ノブドウは果実を食べることはできませんが、実が青いうちに採取して
焼酎漬けの薬酒にします。調べてみたら、苗も販売していました。
なんと私の本家ブドウよりも高いのには驚きました。種を落としていった
ヒヨドリさまさまですね。
関連記事
スポンサーサイト



No title * by おじゃる2
ブドウの事はと言うよりブドウの事もですが判りませんが

ヤマブドウっておじゃも言ってましたが食べらないってことに驚きで一度口にしたら美味しくなかったですが
青い内に摘んで薬種にするんですか勉強に成ります。

No title * by HBS
見事に育つていますね、力強い新梢、艶のある葉そして形の良い花穂も・・・素晴らしく思います。
そうですね、誘引は焦らず、仮に当初90度の、一次は45~50度程度(新梢が短い場合不可ですが)紐で倒し「癖」を付けます、二次に後日棚面にある程度沿う様に誘引される二段階~三段階が楽ですょ。

No title * by 形名
> おじゃる2さん、こんばんは。
ヤマブドウは熟すとけっこう美味しですけど、ノブドウは渋い、酸っぱいで食べられないそうです。それに熟す頃には実の中に虫が入ってしまうそうです。だから青いうちに採取するんでしょうね。ちょっと、いかがわしい話ですが、ガンに効くと一部の人は珍重してるそうですよ!ガンはともかく、昔は漢方薬として使われていたそうです。

No title * by 形名
> HBSさん、こんばんは。
それほど管理してるわけでもないのですが、HBSさんのおかげで今年は病気も害虫もまだ発生していないんですよ。去年はカナブンに相当食い荒らされましたが肩透かしでした。でも怖いのはこれからですよね。
はい、誘引は焦らずにやります。今回も一気に曲げられないので、紐で何箇所かひっぱりを掛けています。無理すると簡単に折れますね。剪定も大変ですが、誘引で手こずるとは思いませんでした。

No title * by Toshiyan7
ブドウの誘引ですか?大変ですね
棚も良く、管理が素晴らしいので楽しみですね
自分は庭先に植えたので、消毒不可で虫に入られて
止めてしまいましたが、根元からの芽が伸びて
柿の木に這って、去年は実を付けました
数房食べましたが、上の方は鳥の餌でした
巨峰ですけどね

No title * by 形名
> Toshiyan7さん、こんばんは。
Toshiyanさんもブドウ栽培やってたんですね。確かにブドウは消毒なしでは数年でダメになるようです。致命的な害虫も多いですからね。私も巨峰系は魅力なんですが管理が大変と聞いたので、丈夫なナイヤガラをやってます。うちは昔おふくろが広い棚で巨峰もやってたんですよ。

No title * by HBS
{誘引で手こずる}とは解釈色々ありますが、私と同じ事も発生していると思いますが、これから「まだまだ続きます、この五月は」・・・ぶどう栽培の作業が殆ど腕を肩より上に向けての作業、辛い作業の後は収穫の楽しさが待っています。

No title * by 形名
> HBSさん、こんにちは。
一年目の去年は5~6月にうどんこ病が少しでましたね。葉を10枚くらいは落としましたが、蔓延することはありませんでした。花木の場合は無理に花を多く咲かせたり実を付けすぎると、木が弱り、菌類の病気に対する耐性も落ちるようです。たぶん、ぶどうも同じような要素はあるでしょうから負担を掛けないようにしようと思います。本格的な収穫は来年からでもいいと思ってます。まだ立ち上がりの主幹がやや細いような気がするので、樹を充実させたいですね。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

ブドウの事はと言うよりブドウの事もですが判りませんが

ヤマブドウっておじゃも言ってましたが食べらないってことに驚きで一度口にしたら美味しくなかったですが
青い内に摘んで薬種にするんですか勉強に成ります。
2018-05-06-18:09 * おじゃる2 [ 編集 * 投稿 ]

No title

見事に育つていますね、力強い新梢、艶のある葉そして形の良い花穂も・・・素晴らしく思います。
そうですね、誘引は焦らず、仮に当初90度の、一次は45~50度程度(新梢が短い場合不可ですが)紐で倒し「癖」を付けます、二次に後日棚面にある程度沿う様に誘引される二段階~三段階が楽ですょ。
2018-05-06-18:31 * HBS [ 編集 * 投稿 ]

No title

> おじゃる2さん、こんばんは。
ヤマブドウは熟すとけっこう美味しですけど、ノブドウは渋い、酸っぱいで食べられないそうです。それに熟す頃には実の中に虫が入ってしまうそうです。だから青いうちに採取するんでしょうね。ちょっと、いかがわしい話ですが、ガンに効くと一部の人は珍重してるそうですよ!ガンはともかく、昔は漢方薬として使われていたそうです。
2018-05-06-19:07 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]

No title

> HBSさん、こんばんは。
それほど管理してるわけでもないのですが、HBSさんのおかげで今年は病気も害虫もまだ発生していないんですよ。去年はカナブンに相当食い荒らされましたが肩透かしでした。でも怖いのはこれからですよね。
はい、誘引は焦らずにやります。今回も一気に曲げられないので、紐で何箇所かひっぱりを掛けています。無理すると簡単に折れますね。剪定も大変ですが、誘引で手こずるとは思いませんでした。
2018-05-06-19:11 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]

No title

ブドウの誘引ですか?大変ですね
棚も良く、管理が素晴らしいので楽しみですね
自分は庭先に植えたので、消毒不可で虫に入られて
止めてしまいましたが、根元からの芽が伸びて
柿の木に這って、去年は実を付けました
数房食べましたが、上の方は鳥の餌でした
巨峰ですけどね
2018-05-06-19:51 * Toshiyan7 [ 編集 * 投稿 ]

No title

> Toshiyan7さん、こんばんは。
Toshiyanさんもブドウ栽培やってたんですね。確かにブドウは消毒なしでは数年でダメになるようです。致命的な害虫も多いですからね。私も巨峰系は魅力なんですが管理が大変と聞いたので、丈夫なナイヤガラをやってます。うちは昔おふくろが広い棚で巨峰もやってたんですよ。
2018-05-06-20:03 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]

No title

{誘引で手こずる}とは解釈色々ありますが、私と同じ事も発生していると思いますが、これから「まだまだ続きます、この五月は」・・・ぶどう栽培の作業が殆ど腕を肩より上に向けての作業、辛い作業の後は収穫の楽しさが待っています。
2018-05-07-09:38 * HBS [ 編集 * 投稿 ]

No title

> HBSさん、こんにちは。
一年目の去年は5~6月にうどんこ病が少しでましたね。葉を10枚くらいは落としましたが、蔓延することはありませんでした。花木の場合は無理に花を多く咲かせたり実を付けすぎると、木が弱り、菌類の病気に対する耐性も落ちるようです。たぶん、ぶどうも同じような要素はあるでしょうから負担を掛けないようにしようと思います。本格的な収穫は来年からでもいいと思ってます。まだ立ち上がりの主幹がやや細いような気がするので、樹を充実させたいですね。
2018-05-07-17:15 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]