FC2ブログ

東国の古代史

Top Page › 野菜栽培 › 今年の苗つくり
2019-04-27 (Sat)  00:00

今年の苗つくり

今年も苗つくりの出足は超スロー。

P_20180326_132948.jpg 


昨年は種まき培土100%で作ったが、今年はネギの根元土を4割ほど混ぜて培土としている。苗はウリ類ばかりですから相性はいいと思います。市販の培土で作った苗は初期生育は良いが、露地に植えてからは弱い気がします。土質変化がストレスになるのでしょうか。

s-DSC_1765.jpg 
地這いキュウリの第1派

昨年、2株だけ支柱仕立て用のキュウリを植えたが、収量は多いものの、皮が固くて旨くなかった。スーパーのキュウリと似ています。やはり地這い種の方が柔らかくて旨い気がします。今年は100%地這い種でいきます。
播種して10日くらいですが、発芽してないものもあるので今日は追加で蒔きました。
去年は、アクリル天板のあるベランダでしたが、トマト苗に葉カビ病が出ましたから今年は露天で作ってます。

s-DSC_1766.jpg 
サカタのマクワウリ「黄金」と恵比寿かぼちゃ

初めてのマクワウリですが、発芽率があまりよろしくない。6株植える予定ですが、ギリギリかも知れません。もう一袋、種を買わないとダメかな?
恵比寿かぼちゃは自家採種です。2株あれば十分ですが、予備も含めて4ポット蒔きました。

s-DSC_1769.jpg 
自家採種の大玉スイカと小玉スイカ

スイカは、一度、水侵催芽したが、観察を忘れてタッパーの中で発芽していた。
一昨日からやり直して今日播種しました。スイカは地温が上がらないと育ちが悪いので遅れても影響はないでしょう。貰ったハヤトウリはでっかい種からもう芽が出ています。
トマトの苗つくりは諦めました。収穫はできるが、雨対策をしないと良いものはできないので意欲減退です。自宅の隣で雨よけトンネルで作ってる人がいますが、雨が吹き付けるので効果は無いそうです。コストを掛けてハウス栽培したいと思うこともあるが、小型ハウスでは連作障害は必至だし、そこまでやる意味があるかなって考えてしまうことも。移動可能な小型トマトハウスでも商品化されないかなー。

ウリ類以外の野菜は、
・トマト
 5月の上旬にホーム桃太郎とミニトマト苗を購入予定。
・落花生
 去年の自家採種が十分にあるので、5月中旬以降に直蒔きする予定。
 今年こそオオマサリの茹でぴーが食べたいもの。
・エダマメ
 5月上旬の早生種と6月中旬の晩生種を直蒔き+防虫トンネルでやってみる予定。
・トウモロコシ
 アワノメイガの被害にうんざりですが、5月上旬に一回だけ直蒔きします。

他は夏ダイコンラディッシュ葉物類ですが、種まきが済んでます。


にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村

コメント(2)
 顔アイコン
畑作業も苗づくりからって大変ですね~
昔小学生の頃一山超えて学校へ行くんですがその途中の畑に地場植えのキュウリが有っておじさんがて「好きなだけ食べても良いけど踏みつけないように気を付けてな」って言われて食べたキュウリが美味しかった~~と言う思い出が(笑)  削除

おじゃる2 2019/4/27(土) 午後 4:03 返信する
 
> おじゃる2さん、こんばんは。
苗も買ってしまえば楽ですが、好きな品種が選べないところがつまらないですね。おじゃるさんと私は6~7歳しか離れてませんから、子供の頃の時代感はよく分かります。私の買い物は倉賀野に行きましたが、店なんてそれほど無かった時代ですからね。おやつといえば畑の野菜がメインでしたね。  削除

形名 2019/4/27(土) 午後 8:09 返信する

関連記事
スポンサーサイト



Comment







管理者にだけ表示を許可