FC2ブログ

東国の古代史

Top Page › トピックス › ぐんま百名山
2020-02-26 (Wed)  14:25

ぐんま百名山

日本百名山は有名ですが、群馬県には「ぐんま百名山」というのがあります。
多分、どの県にも有りそうだから珍しくはない。でも、群馬の場合は選定されてから、まだ5年ぐらいしか経っていないはず。案外、制覇した人は少ないんじゃないか?


map_x2.gif
ぐんま百名山(上毛新聞社HPより転載)
クリック拡大

百名山と言っても高い山ばかりではなく、標高200mの一般観光地も入っている。そんなところは本格登山者は登らないだろう。数えてみたら、自分は20%くらいしか登っていない。そこで、去年の秋から少しずつ登り始めている。しかし、登山は自転車と違って足の筋肉や関節への負担がかなり大きい。なかなか消化できない。まずは簡単なところから始めているが、膝関節の痛みがあって目標達成は難しそう。下りの負担を軽減するためにトレッキングポールも導入したが余り効果がない。コンドロイチンもグルコサミンも効くわけもないし、やはり老体には無理か。


関連記事
スポンサーサイト



No Subject * by kanna_24b
百名山踏破、目標があっていいですよ。

でも、ひざ痛は困ったものですね...。
わたしも自転車だと平地でも100km前後でやってきます。
普段の仕事上歩く距離が多かったりしゃがむ様なの動作が続くとしんどいです。
動かさないのも良くないのでうまく付き合っていかないといけませんね。

Re: No Subject * by 形名
kannaさん、こんばんは。

自転車でも昔は膝痛が出たのですが、自転車専用シューズに特殊なインソールを
入れてペダルと足裏の角度を補正したら改善しました。
しかし、登山では登山靴を履いていますが、インソールは売ってるものの、
単なるクッションの強化で、膝痛には殆ど効果がないですね。
まだ歩けないほど痛むわけではないが、何かの拍子にズキッと来ることが
あります。今は準備運動して負担をかけないよう歩幅を小さくして
騙しながら膝を使ってます。完全に治すのは無理でしょうね。

No Subject * by おじゃる2
昔々西上州の山は良く行きましたが上毛新聞の群馬の100名山有りましたね。
父不見山と言うのが山頂が判らなくて引き返したことを思い出しました。
そうなんですよね~下りが結構膝に来るので大変なんですよね。昔若い仲間が調子ずいて階段を駆け下りたら膝を痛めてそれ以来余り膝の調子が良くないみたいです。

Re: No Subject * by 形名
おじゃさん、こんにちは。

膝は消耗品といいますから、大事に使わないといけませんね。お尻で支える自転車が一番負担が少ないようです。

西上州山域も数えてみると、まだ登ってない山がかなりありました。危険な岩山も多いので、低山ですが厳しいですね。妙義だって一般観光コース以外は上級者向けですし。

父不見山はまだ登ったことがないですが、南西方向の埼玉側にある二子山には登った事があります。おじゃさんのアプローチは、もしかしたら自動車で462号線の青梨から分岐して近づき、矢久峠・坂丸峠のほうから登り始めたんでしょうかね。父不見の西側は歩く人が少ないので道が荒れて迷いやすいらしいです。私も二子山に登るとき青梨から車で入りましたが、あの辺りの林道は台風被害で寸断されてるかも知れませんね。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No Subject

百名山踏破、目標があっていいですよ。

でも、ひざ痛は困ったものですね...。
わたしも自転車だと平地でも100km前後でやってきます。
普段の仕事上歩く距離が多かったりしゃがむ様なの動作が続くとしんどいです。
動かさないのも良くないのでうまく付き合っていかないといけませんね。
2020-02-28-18:07 * kanna_24b [ 編集 * 投稿 ]

形名 Re: No Subject

kannaさん、こんばんは。

自転車でも昔は膝痛が出たのですが、自転車専用シューズに特殊なインソールを
入れてペダルと足裏の角度を補正したら改善しました。
しかし、登山では登山靴を履いていますが、インソールは売ってるものの、
単なるクッションの強化で、膝痛には殆ど効果がないですね。
まだ歩けないほど痛むわけではないが、何かの拍子にズキッと来ることが
あります。今は準備運動して負担をかけないよう歩幅を小さくして
騙しながら膝を使ってます。完全に治すのは無理でしょうね。
2020-02-28-19:31 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]

No Subject

昔々西上州の山は良く行きましたが上毛新聞の群馬の100名山有りましたね。
父不見山と言うのが山頂が判らなくて引き返したことを思い出しました。
そうなんですよね~下りが結構膝に来るので大変なんですよね。昔若い仲間が調子ずいて階段を駆け下りたら膝を痛めてそれ以来余り膝の調子が良くないみたいです。
2020-03-01-08:30 * おじゃる2 [ 編集 * 投稿 ]

形名 Re: No Subject

おじゃさん、こんにちは。

膝は消耗品といいますから、大事に使わないといけませんね。お尻で支える自転車が一番負担が少ないようです。

西上州山域も数えてみると、まだ登ってない山がかなりありました。危険な岩山も多いので、低山ですが厳しいですね。妙義だって一般観光コース以外は上級者向けですし。

父不見山はまだ登ったことがないですが、南西方向の埼玉側にある二子山には登った事があります。おじゃさんのアプローチは、もしかしたら自動車で462号線の青梨から分岐して近づき、矢久峠・坂丸峠のほうから登り始めたんでしょうかね。父不見の西側は歩く人が少ないので道が荒れて迷いやすいらしいです。私も二子山に登るとき青梨から車で入りましたが、あの辺りの林道は台風被害で寸断されてるかも知れませんね。
2020-03-01-10:52 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]