FC2ブログ

東国の古代史

Top Page › 歴史科学・サイエンス › 植物の重力感知「空はどっちにある?」
2020-05-25 (Mon)  11:36

植物の重力感知「空はどっちにある?」

妙な話ですが、野菜を見てて何時も不思議に思うことがある。
春暖かくなって適度な水分があれば、種や芋は目覚ましのスイッチが入ります。人は眼を覚ませば、視覚や平衡感覚器で自分の体勢が理解できるので問題なく起きられます。しかし野菜は何を元にして芽を出す方向を決めているのだろうか?

ジャガイモ上下


例えば、ジャガイモは10cmくらいの土中に植えられるが、真っ暗闇で周囲の土圧差はそれほど差はないと思います。しかし、芽を出してる芋を掘ってみれば、空を目指して発芽したのは歴然です。四方八方に芽を伸ばしてはいない。複数箇所からか芽を出すが、全て空に向かって伸び、芋の側面や下側にあった芽は伸びていません。ジャガイモ周囲の土圧に差が少ないのは、芋を水中に沈めた場合を考えれば理解しやすい。だが容積の大きいジャガイモの場合は、上面と下面で水深が異なるから受ける圧力が異なる。従って当初は土圧の微妙な差が発芽方向を決める要素かと考えた。しかし、メロンの種を考えれば否定的です。メロンの種の厚みは0.5mm程度しかないが、10mmの深さから空に向けて正確に発芽する。計算上、土圧の差は5%程度しかない。
春先にダンボール箱に入ったジャガイモはあらゆる位置から一斉に発芽してくる。あれは芋の全周が僅かな光、または、空気を感じて、既に地上に出たと認識してるのだと思います。しかし、暗黒土中のジャガイモ重力を感じて発芽位置と方向を決めてるとしか思えない。消去法で考えても正確な方向を決められる要素は他に無いからです。好光性種子は光を感じる深さでないと発芽しにくいが、明るさに対する反応では正確な発芽方向を決定できないでしょう。ましてや嫌光性種子であれば、明るい場所では発芽しないので、光を頼るのは矛盾している。
しかし、そもそも種や芋はどうやって重力方向を感じるのだろうか? 人間の内耳には、先端にオモリのついた毛がたくさん生えていて、その傾きで平衡感覚を得ています。でも植物の場合は同様の構造は少なくとも無い。細胞内に何らかの単純な感知機能があると思われるが、そのメカニズムが分かりません。



関連記事
スポンサーサイト



No Subject * by kanna_24b
なるほど重力ですか...

私は何の確証もありませんが、わずかな光か熱を感じているのかと思っていました。

Re: No Subject * by 形名
kannaさん、こんにちは。

種は好光性種と嫌光性種があって、後者は光を遮断する深さでないと発芽しないそうです。
「1~2cmの深さに覆土する」と書いてあるのは嫌光性種ですね。此のくらいだと光を感じる
かも知れませんね。熱は考えなかったな・・・
でもジャガイモは15cmの深さでもちゃんと発芽します。多分、光は届いていないでしょう。
やっぱり重力のような気がしますが、どのようにして重力方向を知るのかが分かりません。笑

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No Subject

なるほど重力ですか...

私は何の確証もありませんが、わずかな光か熱を感じているのかと思っていました。
2020-05-25-15:48 * kanna_24b [ 編集 * 投稿 ]

形名 Re: No Subject

kannaさん、こんにちは。

種は好光性種と嫌光性種があって、後者は光を遮断する深さでないと発芽しないそうです。
「1~2cmの深さに覆土する」と書いてあるのは嫌光性種ですね。此のくらいだと光を感じる
かも知れませんね。熱は考えなかったな・・・
でもジャガイモは15cmの深さでもちゃんと発芽します。多分、光は届いていないでしょう。
やっぱり重力のような気がしますが、どのようにして重力方向を知るのかが分かりません。笑
2020-05-25-16:06 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]