FC2ブログ

東国の古代史

Top Page › アウトドア › ガスカートリッジ詰め替えアダプター
2021-04-01 (Thu)  10:50

ガスカートリッジ詰め替えアダプター

ハイキングや自転車ツーリングでガスバーナーを使う機会がたまにある。しかし、登山用のOD缶はコストが掛かります。OD缶はNET250gタイプで1本500円、470gタイプで800円が相場です。一方、CB缶(NET250g)は、液化ブタンなら1本100円以下で、液化イソブタンを混入した低温タイプでも1本200円未満で買える。

CB缶OD缶アダプタ3
↑CB缶(左端)とOD缶ガスカートリッジ

CB缶OD缶アダプタ5
↑ホームセンターで売ってる液化ブタン100%のCB缶

もっとも、OD缶が高いのは理由があります。ガスの主成分はCB缶と同じ液化ブタンですが、一定量のプロパンが混入されている。その分高圧で、低温下、強風下にも強い。また容器の安全性も違います。しかし、3シーズンの一般キャンプで使用するなら、液化ブタン100%でも殆ど支障はない。風に弱いのは防風板を使うことで対処できます。最近はCB缶専用のバーナーも売れているそうです。燃料コストが安いからでしょう。

CB缶OD缶アダプタ4
↑CB缶専用のアウトドアバーナー

私が持っているガスバーナーは全てOD缶専用です。そこで、CB缶からOD缶にガスを移し替えるアダプタを購入しました。これがあれば、ホームセンターで売ってる激安のCB缶からガスを補給することができます。

CB缶OD缶アダプタ1
↑CB缶からOD缶へガス詰替ができるアダプター

この製品は、CB缶からOD缶への詰替だけでなく、OD缶からOD缶への移行もできます。使いかけの複数OD缶の中身をまとめて一本のOD缶に集めることができる。通常、ガスの詰替は受け入れ側を冷却し、供給側を温める必要がありますが、この製品は温度管理しなくても殆ど移行できます。

CB缶OD缶アダプタ2
↑CB缶からOD缶への詰替

CB缶からOD缶に移し替えるのに約5分かかりました。着火テストでは、明らかにオリジナルOD缶よりも内圧が低くて、若干緩やかな炎になります。しかし、風防を使えば屋外使用も問題なさそうです。


【補足】
この記事で記述した操作は高圧ガス保安法違反であるという記事がネット上でも散見されます。これについて見解を述べておきます。日本の高圧ガス保安法によると、高圧ガスは圧縮ガスと液化ガストに分類されています。高圧ガスに相当する対象は、圧縮ガスの場合、気温35度で0.8メガパスカル以上の圧力を保有するガスと定義されている。一方の液化ガスは、気温35度で、0.2メガパスカルを超えるガスと定義されています。CB缶もOD缶も中身は液化ガスですから、後者の定義範疇に該当するはずです。しかし、液化ブタンも、プロパン30%混入液化ブタンガスも、通常の静的な容器充填状態で、その圧力は、35度で0.1メガパスカルを超えることはありません。充填容器を加熱した場合には急激に圧力は増大しますから、高圧ガス状態になりますが、基準の35度では該当しない。従って、高圧ガス保安法に抵触することはないと考えています。ただし、法令違反でなくてもメーカーが推奨していない、または、禁止している行為であるのは事実です。これはメーカーに対する行政指導もあるためだと思います。危険性のある行為であるのは事実なので、万が一、事故があっても自己責任ということになります。




日本史ランキング
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
関連記事
No Subject * by sazanamijiro
CB缶からOD缶にガスを移し替えるアダプタがあるのですか。それは便利ですね。
昔、イワタニから移し替え専用のガスバーナーが発売されていましたが、なんだか法令違反だったようで、いつのまにか廃番になっていました。
元ワンゲルとしては、移し替えが合法的にできる製品は素晴らしいと思います。

Re: No Subject * by 形名
sazanamijiroさん、こんばんは。

厳密に言うと合法なのか、違法なのかは極薄いグレーゾーンかも知れません。
日本の高圧ガス保安法によると、高圧ガスに相当する液化ガスは気温35度で、0.2メガパスカル
を超えるガスと定義されています(圧縮ガスはまた別な基準あり)。
液化ブタンもプロパン30%混入物も、通常の静的な容器充填状態で、その圧力は、35度で0.1メガ
パスカルを超えることはありません。また、定期点検を受けていない容器に充填する行為も規制
されているのですが、あくまでも高圧ガスの定義に従う物質を詰める場合なので、法令抵触は
考えられません。よく法令違反であるという行政記載の記述を見かけますが、法令の明確な違反
では無いと思います。ただ、違反でなくてもメーカーが推奨していない、または、禁止している
のは事実です。危険性のある行為ですので万が一事故があっても自己責任ということになりますね。

No Subject * by kanna_24b
私も詰め替えアダプター使っています。
サイクリングの時にコンパクトにしたくて小型のOD缶を使うのですがその補充に使っています。

CB缶をお湯で温めてから補充すると一瞬で詰め替えられます。

Re: No Subject * by 形名
kanna_24b さん、こんばんは。

実は、中国製の150円くらいの移し替えアダプタも持っているのですが、
手で押さえていないと移せないので、使っていません。
やはりCB缶はお湯で、OD缶は冷凍庫で冷やしたほうが、より移動する量
が増加するのは確かでしょうね。今回は、どちらも常温でやりましたが
CB缶を揺すると微かに音がするくらいの残量があるようです。
OD缶もCB缶もガスを入れすぎると火炎放射器になるようので、きちんと重量
を計ったほうがよさそうですね。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No Subject

CB缶からOD缶にガスを移し替えるアダプタがあるのですか。それは便利ですね。
昔、イワタニから移し替え専用のガスバーナーが発売されていましたが、なんだか法令違反だったようで、いつのまにか廃番になっていました。
元ワンゲルとしては、移し替えが合法的にできる製品は素晴らしいと思います。
2021-04-01-22:17 * sazanamijiro [ 編集 * 投稿 ]

形名 Re: No Subject

sazanamijiroさん、こんばんは。

厳密に言うと合法なのか、違法なのかは極薄いグレーゾーンかも知れません。
日本の高圧ガス保安法によると、高圧ガスに相当する液化ガスは気温35度で、0.2メガパスカル
を超えるガスと定義されています(圧縮ガスはまた別な基準あり)。
液化ブタンもプロパン30%混入物も、通常の静的な容器充填状態で、その圧力は、35度で0.1メガ
パスカルを超えることはありません。また、定期点検を受けていない容器に充填する行為も規制
されているのですが、あくまでも高圧ガスの定義に従う物質を詰める場合なので、法令抵触は
考えられません。よく法令違反であるという行政記載の記述を見かけますが、法令の明確な違反
では無いと思います。ただ、違反でなくてもメーカーが推奨していない、または、禁止している
のは事実です。危険性のある行為ですので万が一事故があっても自己責任ということになりますね。
2021-04-02-02:06 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]

No Subject

私も詰め替えアダプター使っています。
サイクリングの時にコンパクトにしたくて小型のOD缶を使うのですがその補充に使っています。

CB缶をお湯で温めてから補充すると一瞬で詰め替えられます。
2021-04-02-19:02 * kanna_24b [ 編集 * 投稿 ]

形名 Re: No Subject

kanna_24b さん、こんばんは。

実は、中国製の150円くらいの移し替えアダプタも持っているのですが、
手で押さえていないと移せないので、使っていません。
やはりCB缶はお湯で、OD缶は冷凍庫で冷やしたほうが、より移動する量
が増加するのは確かでしょうね。今回は、どちらも常温でやりましたが
CB缶を揺すると微かに音がするくらいの残量があるようです。
OD缶もCB缶もガスを入れすぎると火炎放射器になるようので、きちんと重量
を計ったほうがよさそうですね。
2021-04-02-20:00 * 形名 [ 編集 * 投稿 ]