fc2ブログ

東国の古代史

Top Page › アウトドア趣味 › 自転車ポタリング › 2023年3月6日 神社見学ポタリング
2023-03-06 (Mon)  00:00

2023年3月6日 神社見学ポタリング

昨日は花粉症のせいで気分が乗らず、運動をさぼった。今年の花粉量は尋常ではない量になるようです。今日は、昨日の分も合わせて自転車で走ろうと思います。
藤岡市の中栗須というところに群馬では余り聞きなれない神社があります。その名を神明宮という。神明とは伊勢神宮を奉祀する神社を指します。神明境内は非常に広いが、廃れた雰囲気のある神社です。以前にも自転車で社殿を覗いたことはあるが、境内に入った事は無かった。

20230306藤岡ポタリング1

↑神社は南向きで一の鳥居があります。手前左手の社号標に「郷社神明宮」とある。

20230306藤岡ポタリング2

↑参道途中の二の鳥居です。扁額には「諏訪大明神」と記されている。

20230306藤岡ポタリング3

↑三の鳥居です。ここに道路が通っていて参道が分断されてます。

20230306藤岡ポタリング4

↑社殿は相当古いようです。

20230306藤岡ポタリング5

↑神楽殿も古いが立派な造りです。

20230306藤岡ポタリング6

↑由緒書きには、祭神は大日孁命(おおひるめのみこと)とあるので天照大神です。創建は1192年、源頼朝の発願となっている。明治13年に拝殿改築とあります。

20230306藤岡ポタリング9

↑立派な絵馬が掛かっているが、塗りがはがれている

20230306藤岡ポタリング7

↑由緒書きによると、後ろの本殿は1585年の築造になる。

20230306藤岡ポタリング10

↑ご神木があるが、何の木か不明。

20230306藤岡ポタリング8

↑ご神木の奥にあるシイの木のほうが立派に見えます。

20230306藤岡ポタリング11

↑境内にはたくさんの末社・摂社があるが、いずれも説明がない。社殿の裏にも境内は70m四方の広さを持っている。

20230306藤岡ポタリング12

↑参道の中間から見える二の鳥居。ここで、神社を後にして藤岡市から高崎市の山名町に向かいます。

20230306藤岡ポタリング13

↑草ぼうぼうの河川敷は鮎川です。見苦しい景色ですが、メンテナンス業者が河川敷の草刈りと伐採を毎日少しずつ行っています。何時も運動に使っている鮎川サイクリングロードは対岸にあります。

20230306藤岡ポタリング14

↑前方部側から見た藤岡市の七輿山古墳です。墳丘長は150mあります。推定築造年代は6世紀前半~中葉です。巨大古墳の築造がヤマト政権によって規制された6世紀代で150mの古墳は東日本で最大です。これが許されたのは埋葬者が朝廷との関係が良好な証拠です。円筒埴輪の突帯も今城塚古墳と同じ6条7段を誇り、生前の継体大王との繋がりが想定されます。私は武蔵国造の乱に登場した上毛野君小熊の墓の可能性が高いと思っています。

白石古墳群
クリック拡大

↑最近、この古墳の西側に新しい道路ができたので試しに走ってみたら、藤岡市歴史館に通ずる道路でした。ここは白石古墳群ですが、各所で整備が進んでいるので、全域を古墳パーク化するのかも知れません。

20230306藤岡ポタリング15

↑鏑川に架かる橋より見える上信電鉄の鉄橋です。この鉄道は主に学生が利用していますが、地域の人口減少で旅客が減り経営は苦しいようです。富岡製糸場の世界遺産登録で一時的に回復したらしいが行政の支援は欠かせない体質だと思います。

20230306藤岡ポタリング17

↑山名町に来た理由は中山峠に登るため。あっという間に終わってしまう坂道ですが、今の自分にはトレーニングになります。


■走行時間 約1時間50分
■走行距離 約30Km
■見学時間 約40分




関連記事

Comment







管理者にだけ表示を許可